泊地情報

長崎県 壱岐市 郷ノ浦港      
33 44.400N 129 40.630E 
艇を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大                           
google map 対馬豆酘港→壱岐島郷ノ浦
google map壱岐島 郷ノ浦港→佐賀県 唐津 佐賀県ヨットハーバー

航路情報:
対馬豆酘港→壱岐島郷ノ浦
壱岐島 郷ノ浦港→佐賀県 唐津 佐賀県ヨットハーバー

ヨットで壱岐、郷ノ浦を訪ねる2007.8.18
7年ぶりに郷ノ浦を訪れる2014.9.5

九州 壱岐 郷ノ浦港
2014.9.5

壱岐島の最大の町。役所はここにある。バスなど交通もここを主に路線が設定されている。

アプローチ:
<フェリー乗り場駐車場裏>
33 44.400N 129 40.630Eの赤灯台は遠くからも良く見える。赤灯台を右に見て入る。
駐車場裏は水路になっており奥に船溜まりがある。入口は赤灯台を入ったところからは見えない。
フェリー乗り場は入ってやや右(東)方向奥に確認できる。
白い大きな燈台が見える。
その裏側が駐車場裏の泊地。
近づくと白い灯台の右手に水路が見える。

泊地:水路の右(東)側は駐車場で鎖の柵になっている。
しかしリングが岸壁についていて、船を舫いやすい。
ただし、岸壁に大きな穴があいているので、
俵フェンダーとフェンダー防御板は必須。
漁船の行き来の引き波が若干あるが町にも近く、廻りの景色も良く非常に良い泊地である。
水路なのでアンカーは打てない。横着けのみ。
トイメンのホテル前も1〜2艇は横着けできるスペースが空いている。
奥の船溜まりは私のついた昼ごろは空いていたが夕方にはいっぱいになっていた。
空いていても留めない方が良い。

#猫に注意
 岸壁にいる猫は船内の食物を狙っています。艇内に入ってきます。
 私は肉野菜炒めを3分の1食べられ、泣く泣く捨てました。

<新しい外来艇用大型ポンツーン>
新しく外来艇用のポンツーンが出来た。
赤燈台を右に見て港内に入ると、真正面が漁港。
その左に埋立地。
埋立地の裏側にポンツーンがある。
近づくと、白いポンツーンの頭が見える。
埋立地の左端を廻って裏側に、入ると、大きくて立派なポンツーンが
かなり離れた間隔で3本ある。
入ってすぐの一番手前のポンツーンが外来艇用。
非常に静かな泊地で、荒れた時などにはここに留めるのが良いと思われる

料金:
駐車場裏もポンツーンも同じ費用
m艇長×20円。10mの船で10×20円×消費税8%=216 一日216円で留められます。
私の場合は水産課の人がすまなさそうに徴収に来てくれました。

食料の仕入れ:郷ノ浦には大型スーパーは無い。
          小型スーパーは2箇所。
          郵便局手前と郵便局の先、漁協の表示があるビルの裏。VALUEイチヤマ支店。
          歩いて30分、大型スーパーVALUEイチヤマあり。品物豊富、東京の大型スーパーと同じ。
          VALUEイチヤマのチョット先にアグリプラザ四季菜館。農協経営で新鮮な野菜等が
          易く手に入る。お勧め。
風呂:泊地、駐車場トイメンのホテル、ビューホテル壱岐。500円。景色が良くいい風呂。
    温泉、湯川温泉25分。道が解り難い。フェリー乗り場の観光案内で聞いた方が良い。510円。
トイレ:フェリー待合所。夜は閉まる。24時間は直ぐそばの公園内、洋式あり。
水:直ぐそばの公園内水飲み場
外食:多数あり。中華、福寿飯店はうまくやすい。
コインランドリー:図書館前。8分。