航路情報

伊豆半島

伊東港→熱海港
34 59.800N 139 07.200E35 05.670N 139 04.900E
艇を留める位置の詳細はGoogle Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 伊東港→熱海港
                          
泊地情報                         
伊東港        
熱海港

1年半ぶりに沖縄から母港熱海に帰る07
駿河湾巡航から母港熱海へ帰ってきました2013.6.9
瀬戸内国際ヨットラリーから母港に戻ってきました
6ヵ月ぶりに母港に戻る2014.11.10

伊東港 → 熱海港
6.3マイル。

航路情報:
2014.11.10
この航路に特に変化は無し。
2013.11.
この航路に特に変化は無し。
2007.11.24
熱海港へのアプローチ:
熱海港の灯台35 05.670N 139 04.900Eを目印に熱海港に近づく。
ただし、魚見崎の陸にあまり近づいてアプローチしてはならない。暗岩があり危険である。

灯台を左(南)に、一文字防波堤を右(北)に見て、間を進む。
この入口は大島との超高速船や初島航路の船、漁船など船の出入りが多いので入港には注意が必要。
初めての場合は離岸堤の南端まで行き、離岸堤の裏側に入る方が良い。裏側がスパ・マリーナとなっている。
地元のヨットは港湾案内p66にある離岸堤の左(南)側の端と右(北)側離岸堤との狭い間を進んでスパ・マリーナ熱海に入る。

スパ・マリーナは第一桟橋と呼んでいる、北側のマリーナと第二桟橋と呼んでいる南側のマリーナに分かれている。
ビジターは南側の第二桟橋につける。
ビジターはハーバーに連絡して係留場所を指示してもらう。
マリーナ案内:http://www.s-m-atami.co.jp/
温泉銭湯その他の情報は刻々変化している。
ハーバー事務所及び、ハーバーのすぐ上にあるかまぼこ型建物、
観光案内所に確認のこと。

ウエイポイント、航路、トラック
直線は設定航路、曲線(ブルー線)実際の航跡です。

ITOATAMI(伊東→熱海) 6.3nm
SPEED:5kt FUEL:2/h
WAYPOINT LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
ITO1(伊東1) 34 59.800N
139 07.200E
ITO2(伊東2) 35 02.800N
139 06.800E
1 3 3 0:36 1.2
ATAMI(熱海) 35 05.670N
139 04.900E
339 3.3 6.3 1:15 2.5