航路情報

沖縄

沖縄本島 糸満フィッシャリーナ→宜野湾マリーナ

泊地情報
糸満フィッシャリーナ
宜野湾マリーナ
          
沖縄本島 糸満フィッシャリーナ→宜野湾マリーナ  航路情報2006.12.13
17.5マイル。 

このコースは特に注意点は無いが、本船の行き来があり注意が必要である。
また、漁船も多い。

宜野湾マリーナ入港:
港湾案内だけでは解り難い。
私は宜野湾沖のwaypointを26度17.5分127度42.1分に取った。
近づくとNO2の大きな赤ブイが目に入る。これは港湾案内には出ていない。
次のwaypoint26度16.7分127度42.9分に向かって進むと港湾案内にある右手、赤ブイNO4と緑ブイNO3が見える。
そのまま142度で進むと正面に緑ブイNO5右手に赤ブイNO6が見える。
(注意!緑ブイNO5と右手赤ブイNO6は牧港港への航路。緑ブイNO5には近づかないこと)
牧港港への航路、NO5緑ブイを右に見て宜野湾マリーナ灯台(26度16.72分127度43.54分)へ向かって転舵。
見え難いが小さな白い宜野湾マリーナ灯台に向かって進む。
左に緑ブイNO1と右に赤ブイNO2が見えるので中央を進み、マリーナ入口を入る。
(注意!Apr.5.2014現在、赤ブイNO2は台風で流され緑ブイNO1のみ)
港湾案内にあるマリーナ入口に記載されている左右の緑、赤ブイは無い。
なお、夜間は沖の大きなNO2赤ブイと牧港入口のNO6赤ブイのみ点灯。

泊地:マリーナに入り緑ブイを左に見て右に向かうと正面に1〜9までの番号を振ったゲストバースが並んでいる。外来者用の表示も9本のポールに記載されており見やすい。私の入港したときは1艇のみうまっていたが後は全て空いていた。ポンツーンは長く、33フィートは十分余裕を持って留められる。
港湾案内では防波堤(南)の工事中と記載されている地域がマリーナとして拡張されゲストバースが一番手前に出来ている。
(今(2006.11.11)google earthを見てみたら、船を一艇づつ見ることが出来、マリーナの状況が良くわかります。ただ、撮影当時の工事の都合か奥のマリーナに船がいない。今は30フィートまでのバースとなっている。ゲストバースは北西側、一番入口より)

ウエイポイント、航路、トラック

test google

直線は設定航路、曲線(ブルー線)は実際の航跡です。

ITOMANGINOW(糸満港→宜野湾マリーナ) 17.5nm
SPEED:5kt FUEL:2L/h
WAYPOINT LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
ITOMAP(糸満港沖) 26 07.1200
127 38.2600E
ITOMP1(糸満港沖1) 26 07.8000
127 35.8000E
291 2.3 2.3 0:27 0.9
NAHAP(那覇沖) 26 12.5000
127 35.0000E
356 4.8 7.1 1:24 2.8
GINOP2(宜野湾沖2) 26 17.4000
127 39.2000E
42 6.2 13.3 2:38 5.3
GINOWP(宜野湾沖) 26 17.5000
127 42.1000E
92 2.6 15.9 3:10 6.3
GINOW1(宜野湾マリーナ沖) 26 16.7000
127 42.9000E
142 1.1 16.9 3:23 6.8
GINOWT(宜野湾マリーナ灯台) 26 16.7200
127 43.5400E
92 0.6 17.5 3:29 7