航路情報

大船渡港岸壁→気仙沼港泊地
39 03.860N 141 43.390E → 38 54.390N 141 34.630E

艇を留める位置の詳細はGoogle Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 
大船渡港岸壁→気仙沼泊地2015.8.5
Google Map 大船渡港→気仙沼港2009
                           
泊地情報:                               
大船渡港  
気仙沼港

気仙沼再訪2015.8.5
震災後の気仙沼を訪れる2015.6.16
ヨットで気仙沼を訪れる2009.9.13

大船渡港 →気仙沼港
25.3マイル。
2015.8.5
設定航路では魚網にぶつかることは無い。
私の場合、ショートカットしたところでまともに魚網にぶつかっている。
この航路は魚網が多い。特に気仙沼に入ると両側ぎりぎりにズーと魚網があります。
魚網は常に変化するので、航路を正確に辿る上に更に注意を払ってください。
大船渡を出て、すぐ港へ南に向かうと長い魚網にぶつかります。

気仙沼港へのアプローチ:
魚網注意。
気仙沼2、から気仙沼3への航路で既に両側いっぱいに魚網が並んでいます。
気仙沼3から導灯へは2.6度で進むと港湾案内にありますが設定航路は3度です。

導灯は山の上に前、後ろと2つ、見えます。
近づくと、後の導燈は見えなくなります。
なお、昼間は明かりはついていません。

2009年には遊覧船桟橋のそばに留めたが、桟橋は流されて、今は無い。
留めた岸壁が桟橋替わりに使われており、接岸禁止となっている。
北西岸壁の東寄りで空いている所に着ける。
ただし、着ける余地は少ない。
東から3艇程動かない大きな漁船が横付されている。
小さなボートが係留されている。
A:そのボートの東側と動かない漁船の間。
  かなり広い。しかし、大きな漁船がしばしば着けにくる。
B:小さなボートとの前(西)側。
 電力ボックスと小さなボートの間。
 ここも漁船が入ってくることがある。
 私はここに留めた。2015.6.16
Bに2015.8.5も留めた。
岸壁を歩いている人に聞くと、気仙沼に来るヨットはすっかり減ってしまったが、
留めるのはこの北西岸壁とのことであった。

2015.8.6
知り合いの艇、海坂が入港してくる。
前回も空いていた対岸を紹介。
一晩とまり次の日出港。出港したあとその場所に漁船が入って来た。
気仙沼もここなら安心して留められると言った場所は無く、
臨機応変に対応するしかない状況だ。

注意1!
この岸壁は津波を免れたのでは無く、これから工事が始まる。
岸壁に大きな絵入り看板があり説明されている。
ただ、時期が何時か不明。
工事がはじまればこの岸壁は使えなくなる。

注意2!
神明崎の下の公式泊地はビットが津波で破壊され無い。
また、岸壁そのものも破壊され、留められ無くなっている。

水:無い。桟橋そばにあった水飲み場は破壊されている。
  さんざん水を探したが無い。
  目の前の藤田屋ビルのとなりのビル。裏に1階入口に蛇口あり。
  1階は破壊され使用されてない。2階に「気仙沼地区エネルギー開発」の事務所。
  私はこの事務所に頼んで水を貰った。
トイレ:遊覧船発券所の前。洋式ウォシュレットタイプ。
食材仕入れ:バスでイオンかビックハウスに行った方が良い。170円〜200円
        バス時刻表その他は観光案内所が資料と共に親切に教えてくれる。市の職員では。
        観光案内所は「気仙沼 海の市・シャークミュージアム」2階。
燃料:お魚市場の先。カメイ。ただし、配達しない。ポリタンだと入れてくれない。
    スッタモンダの末、親切な店員のおかげで次の日、ローリーで岸壁まで来てくれた。
風呂:着けた岸壁から3分。亀の湯。漁師おなじみの風呂屋。
    昔の銭湯。是非寄って見てください。
コインランドリー:亀の湯。大型はビックハウスのある三差路。 

ウエイポイント、航路、トラック
直線は設定航路、曲線(ブルー線)実際の航跡です

反KESENOFU(大船渡港→気仙沼港) 25.3nm
FUEL:3L/h
LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
OFUNAG(大船渡岸壁) 39 03.860N
141 43.390E
OFUNA6(大船渡6) 39 03.700N
141 43.700E
132 0.3 0.3 0:03 0.2
OFUNA5(大船渡5) 39 01.510N
141 43.400E
194 2.2 2.5 0:29 1.5
KESEN0(気仙沼0) 38 59.600N
141 46.200E
139 2.9 5.4 1:04 3.2
KESEN1(気仙沼1) 38 51.200N
141 42.800E
206 8.8 14.2 2:50 8.5
KESEN2(気仙沼2) 38 48.800N
141 37.300E
249 4.9 19.1 3:49 11.4
KESEN3(気仙沼3) 38 51.300N
141 36.000E
346 2.7 21.8 4:21 13
KESEH3(気仙沼泊地3) 38 53.350N
141 35.780E
3 2.1 23.9 4:46 14.3
KESEH2(気仙沼泊地2) 38 53.640N
141 35.250E
313 0.5 24.4 4:52 14.6
KESEH1(気仙沼泊地1) 38 54.230N
141 34.950E
347 0.6 25 4:59 14.9
KESEHA(気仙沼泊地) 38 54.390N
141 34.630E
311 0.3 25.3 5:03 15.1
]


2009.9.13の記録
航路情報:2009.9.13
 
設定航路では魚網にぶつかることは無い。
私の場合、ショートカットしたところでまともに魚網にぶつかっている。
この航路は魚網が多い。特に気仙沼に入ると両側ぎりぎりにズーと魚網があります。
魚網は常に変化するので、航路を正確に辿る上に更に注意を払ってください。
大船渡を出て、すぐ港へ南に向かうと長い魚網にぶつかります。

気仙沼港へのアプローチ:
魚網注意。
気仙沼2、から気仙沼3への航路で既に両側いっぱいに魚網が並んでいます。
気仙沼3から導灯へは2.6度で進むと港湾案内にありますが設定航路は3度です。

導灯は山の上に前、後ろと2つ、見えます。
泊地:
静かで美しく、大変便利な泊地です。
それに加え、三陸では台風避難に最も優れた港だそうです。
宮古で台風避難に良いところを聞いたところ、全ての人が山田港がベストだと言いました。
その通りだが、気仙沼はモット良いという山田港の漁師さんがいました。

港湾案内に神明埼と赤線で囲われた、、文字の手前です。
気仙沼の一番奥、左(西)側の窪み、港湾案内に漁業組合とあり、その右に桟橋が2本出ているところに入ります。
北側岸壁の桟橋寄りないし桟橋が出ている西側岸壁の北よりです。
槍着けはできません。