航路情報

紀伊半島

小豆島草壁(内海)港→男木島
34 28.400N 134 17.700E→34 25.250N 134 03.180E(男木島燈台)

艇を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 
小豆島草壁港→男木島
                         
泊地情報:                            
男木島
    
小豆島 草壁(内海)港

男木島に初めてやってきました2013.9.19


小豆島 草壁(内海)港→男木島男木港
16.5マイル。

航路情報:
2013.9.19
個の航路に漁網は無い。
草壁港を出て、本船航路を横断。
多数の本船あり、注意。
航路を横断後、航路の南側端を進む。
私の場合、1.5の連れ潮があった。
弁天島の南側を目指し転進。

男木島男木港へのアプローチ:
東からアプローチすると島の南東端にある漁港が見えるが、
男木島男木港は島の東にある。
島の南端を過ぎたところで、北に男木港の赤い燈台が見える。

泊地情報:
2013.9.19
男木港へのアプローチ:
男木島は高松の北にある小島だ。高松と同じ香川県に属する。
港は島の西側と南側にある。男木港は西側。
白い燈台を左に見て港内に入る。

泊地:
係留場所は入港進行方向の突き当り岸壁か左(西)側の岸壁。
突き当り岸壁は岸壁が低く、槍着けでないと上げ潮時に乗り上げる可能性があり危険である。
横着けしたい場合は入って左(西)側の岸壁奥。舫いの輪が奥にしかない。

トイレ:昼間。港にあるしゃれた建物。夜間は山側の公衆トイレ。
コインランドリー:無い。
食品類買物:無い。。
燃料:未確認
食事:数軒あり。
風呂:無い。
水:昼間はしゃれた建物の店の人に言うと外の埋め込み蛇口か店内炊事場からもらえる。
   夜間は公衆トイレ。山側の店の外の炊事場からもらえる可能性もあり。

ウエイポイント、航路、トラック
直線は設定航路、曲線(ブルー線)実際の航跡です。

KUSAOGI(草壁(内海)→男木島) 16.5nm
FUEL:3L/h
LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
KUSA3(草壁(内海)3) 34 28.400N
134 17.700E
KUSA2(草壁(内海)2) 34 27.300N
134 16.300E
234 1.6 1.6 0:19 1
AJI1(庵治1) 34 23.100N
134 14.400E
208 4.5 6.1 1:12 3.6
AJI2(庵治2) 34 24.400N
134 10.000E
297 3.9 10 1:59 6
OGIS2(男木島2) 34 23.800N
134 05.700E
268 3.6 13.5 2:42 8.1
OGIS1(男木島1) 34 24.800N
134 03.000E
301 2.4 16 3:11 9.6
OGIST(男木島灯台) 34 25.250N
134 03.180E
25 0.5 16.5 3:17 9.9