泊地情報

福岡県宗像市 沖ノ島      
34 14.190N 130 06.340E
艇を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大                           
google map  壱岐芦辺港→沖ノ島2007
google map  沖ノ島→壱岐郷ノ浦 2007
google map  室津→沖ノ島     2014
google map  沖ノ島→対馬厳原  2014

航路情報:
壱岐芦辺港→沖ノ島       2007
沖ノ島→壱岐郷ノ浦        2007
室津→沖ノ島沖ノ島        2014
沖ノ島→対馬厳原         2014

ついに、神の島、宗像、沖ノ島にやって来ました 2007.8.16
神の島、沖ノ島再訪 2014.8.22

福岡県宗像市 沖ノ島
2018.2.2
神の島、沖ノ島を2度訪れている。しかし泊地情報はアップしないで来た。
この神域を気軽に訪れるヨット乗りが現れることを懸念した為だ。
しかし、昨年2017年に世界遺産に登録され、もうヨットで訪れることは不可能だろう。
記録として、沖ノ島泊地情報をアップする。

沖ノ島へのアプローチ:
沖ノ島には小さな港が一つある。
港の前に一文字。
一文字に近づくと猛烈な潮があり、入港には細心の注意が必要。
また、推進力を持った艇でないとコントロール不可となり危険である。
沖ノ島に近づいた時点で、遠巻きに一文字の東側と西側の海況をチェクする。
どちらかが一面の白波が立ち、そちら側からの一文字内側への入港は危険を伴う。
白波の立つ側と反対側から入港すること。

沖ノ島へヨットは入港出来るか:
沖ノ島は宗像大社の私有地であり、ヨットの入港は禁止されている。

泊地情報 2007.8.16
私の知っている限りでは、沖ノ島を訪れたヨットマンを知らない。
また、島と港の情報も全くない。
沖ノ島は島自体が神であるとされ、昔から上陸することは禁止されている。
年に一度だけ、島に上陸し禊を行い、参拝する機会がある。
事前に宗像大社に申請を出し、その中から抽選で約200名がお参りに上陸することが許される。
私はこの、神秘に満ちた沖ノ島を訪れ、参拝したいと思っていた。
インターネットその他で、なんとか島への入港についての情報を探索したが、情報は皆無。
大学の先生が漁船に依頼し、島に渡った体験をつづった文が1件だけ見つかったのみであった。
無謀であったが、なにしろ行ってみようと、壱岐芦辺港から沖ノ島に向かい、上陸した。

沖ノ島では一木、一草も持ち出す事は禁止され、
さらに、沖ノ島であったことは、人に語ってはならない掟となっている
そこで詳細を述べることは差し控える。

ただ、私が沖ノ島を訪れたこの時は、宗像大社のかなり上の神官、
多分、かなり上層部と思われる方が滞在されていた。
参拝したく沖ノ島を訪れましたと伝えると、快く承諾され、
裸にになり、海で禊をした後、島の上へと細い道を辿り、宗像大社、沖津宮に参拝することが出来た。
また、古代、祭祀を行った場所も指し示し、教えてくれた。
カメラでの撮影も認めてくれた。

貴重なそれら、写真を公開することは出来ない。

別れる時、神官は又、お参りに訪れて下さいと言ってくれた。

水:無い。ただし、神水が湧き出ているので飲料として少量もらうことは出来る
トイレ:無い。神社宿泊施設にあるが、使用禁止。

2014.8.22
室津港から沖ノ島を訪れた。
この時は若い神官が滞在しており、ここは寄港できませんの一点ばり。
教えられた通りを言うのみで、参拝も許されなかった。
すぐ、引っ返すことも出来ず、一泊して翌日早朝、対馬厳原へ出航した。

宗像大社:
http://www.munakata-taisha.or.jp/
世界遺産、宗像、沖ノ島と関連遺産群
http://www.okinoshima-heritage.jp/visit/

 係留状況  係留状況、反対側

 上陸心得  係留場所から港入口と一文字を見る
 沖津宮への参拝道 手前が禊の海  沖ノ島遠景
   

 泊地
 

参考:
瀬戸内海の大飛島にも海の正倉院と言われる古代祭祀あとが発見されている
https://blogs.yahoo.co.jp/sa3307/49658350.html