泊地情報

九州

鹿児島県 奄美大島 名瀬漁港 
Naze Fishing Port of Amami-oshima
28 24.500N 129 29.900E

艇を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大           
Google Map 宝島 前篭漁港→奄美大島 名瀬漁港06
Google Map 名瀬漁港→古仁屋自衛隊岸壁06
Google Map 古仁屋自衛隊岸壁→名瀬漁港07
Google Map 名瀬漁港→宝島前籠漁港07

航路情報:
宝島→名瀬 06
名瀬→古仁屋06 
古仁屋→名瀬港07
名瀬→宝島07


名瀬再訪07
ヨットで奄美大島 名瀬漁港を訪れる06
金作原原生林探検コースに参加06

九州鹿児島県 奄美大島 名瀬魚港   2007.5.30修正。2006.10.10

注意:名瀬港には港案内に無い長い一文字防波堤が今までの防波堤の前面に出来ている。
現時点での最新版考案案内(平成11年発行)にも出ていない。一文字の左端に赤灯台があり、そちらから入る。

名瀬には防波堤に入らず左に行くと大熊漁港がある。奄美ヨットクラブはここにある。
生活物資調達島には不便とのことである。

一番奥、右側に漁港があり、大昔からの漁港で一番静穏である。
また街の真ん中にあるので生活物資の調達や観光にも非常に便利である。

泊地:漁港に入って右側、製氷塔のある岸壁。奥の漁船の間、空いているところにつける。
船が戻ってくる可能性もあるので一旦着けて近くにいる漁師に係留して大丈夫かを確認する他無い。
漁師さんは皆親切で好意的である。
空きスペースはあまり無いが、2艇程度は必ず留めることは可能と思う。
私の場合はたまたま空いていて着けたところが常時係船の場所でなかった。
また両側の漁船の船長が非常に良い人であったのでついていた。
着けた日に台風が発生した。左隣に徳漁丸船長はここで台風を凌げば良いと言ってくれる。

2007.5.29にも徳漁丸と幸徳丸の間に係留する。鉄のビットの前である。
たまたま船にいた徳漁丸の船長が明日出港する。となりの船はうるさいからね。と教えてくれる。
横もやいをとったりしないほうが良いという意味であろう。船名を見ると第二祥栄丸とあった。
夕方、船に来た幸徳丸の船長がこちらに横もやいを取ればよいと言ってくれる。
以上のように漁師さんは非常に親切である。しかし、ヨットを係留する余地は殆どなく、
非常に素晴らしい港であるが係留しにくいと言える。

漁協側は漁船が水揚げするので係留不可。

天然の良港で外海のうねりと波は殆ど入らない。

水:製氷塔の下。漁協販売所に断る。夜は鍵がしまる。船のタンクに直に入れる場合はいくばくかの料金を払う。
ポリタン程度は料金はいらないと言ってくれる。島にとっては水は貴重品。

トイレ:5〜6分の公園。洋式もあり。
コインランドリー:5〜6分のスーパーの先。風呂屋となり、その他、多数あり
風呂:高千穂湯。5〜6分
買物:一番大きいのは7分、ダイエイ。なんでも揃う。風呂屋に行く手前にも大きいスーパーがある。
燃料:港から見えるガソリンスタンド。私の場合は頼んだら車で給油に来てくれて助かった。
漁具その他:漁協売店が大きい。食品から塗装品、漁関係金具などかなりのものが購入できる。

2007.5.29追記。名瀬漁港に入る前に大熊漁港の様子を見に入ってみる。
かなりヨット係留の余地があるように聞いていたが、現状を見ると1〜2艇をつけることは可能のように見える。
しかしかなり狭い余地である。写真のヨット4艇のとなりに余地があるように見える。事前に奄美ヨットクラブに問い合わせが必要。

泊地情報、航路情報一覧に戻る

Naze Fishing Port of Amami-oshima
Google Map Takarajima→Naze Fishing Port
Google Map 
Naze Fishing Port→Koniya Fishing Port
Google Map 
Koniya Fishing Port→Natze Fishing Port
Google Map 
Naze Fishing Port→Takarajima

Oct 10, 2006. Updated on May 30, 2007

Note: There is a new straight line breakwater in front of the old breakwater.
You enter the port by the red light house at the left side of the new breakwater.

If you turn left before entering Naze Port, you will enter Daikuma Fishing Port, where Amami Yacht Club is.
They say the location is not convenient for shopping.
On May 29, 2007, I visited there. In the picture above,
next to four mooring sail boats, there looked limited mooring space for just a couple of sail boats.
You should ask Amami Yacht Club beforehand.

Naze Fishing Port which has a long history is located in the right innermost side of Naze Port.
It is a calm port and located in downtown. Then, it is convenient for shopping and sightseeing.

Berth: After entering the port, go to the quay which has an ice machine tower at your right hand.
Put your boat at an open space between fishing boats.
Then, ask around if the open space is for another fishing boat which returns later on.
The fishermen are kind and favorable.

There is not enough space though, about two boats can be put there. I was lucky because the captains of fishing boats both sides were good guys. When I moored, a typhoon was born. Then, the captain of the left side Tokuryo-maru allowed me to wait there for the typhoon to pass.

I put my boat between Tokuryo-maru and Kotoku-maru again in May 29, 2007.
It is in front of an iron bitt. The captain of Tokuryo-maru, before going to the sea,
gave me an advice that, as the captain next door was somewhat annoying, don’t tie up your boat to that boat.
The boat name showed No.2 Shoei-maru. In the evening, the captain of Kotoku-maru came to his boat and told me “tie up with me”.

The well-sheltered good port has no wave or swell.
But, while the fishermen are kind enough, there is not enough open space to moor sail boats.
You can not moor the boat near the building of Fisheries Cooperative Association, or “Gyokyo”,
because of landing fishes work.

Water is available at the ice machine tower.
As the water is a treasure in the island, ask the shop to take. It will be free for a portable water tank though,
you should pay some to fill up your boat tank. The door is locked at night.

Toilets including western style are a few minutes walk away.
There are many coin laundries at a few minutes walk away, next to a public bath house and so on.
“Takachiho-yu” is a public bathhouse located a few minutes away.

“Daiei” is the largest supermarket where you can buy anything.
Another is on the way to the public bathhouse.
The shop of Fisheries Cooperative Association is large enough to buy foods and fishing gears.

From the port, you can see a gas stand. With my calling, their tank lorry came to my boat for fueling.

Additional Information for English Version

Naze is the largest town and port of Amami-oshima island.
Amami City which includes Naze has English web site:

http://www.city.amami.lg.jp/english/index.html

Return to Cover Page

名瀬漁港の漁船の間にお邪魔しました 波浪注意報解除後漁船出港
漁船の間に入れてもらう。最高の港 ヨットクラブのある大熊漁港の泊地
2007年も同じ所に留めました 大熊漁港のヨット係留状況