航路情報

九州

長崎県 野母魚港→長崎県 橘湾 小浜港         
32 35.550N 129 45.1400E32 43.720N 130 12.320E

泊地情報:
野母魚港
小浜港        

温泉で有名な小浜港にやってきました 2018.8.13
野母港も11年ぶりだ。2018.8.10

初めて雲仙、小浜にやってきました。
「小浜」の読み方は日本海の小浜と同じ「おばま」です。

最初は港湾案内にも無いし、海図を見ても「小浜港」と文字があるだけ。
灯台も浮標も記載されていません。
小さな入り江にポンツーンがあるのだろう程度と思っていました。
所が、インターネットで調べてみたら、有名な温泉地であると解りました。

小浜と言えば温泉です。
立派な旅館も400円~500円で風呂だけ入れて貰えます。
地元の人用の150円の銭湯が2件あります。

航路情報:
2018.8.13 
野母→小浜 30.7マイル
メインを港内で揚げ、赤白灯台を6時20分通過。
外に出ると天気予報通り、うねりあり。
半島をぐるりと回りきるまでかなり悪い波とうねり。
小浜に向かって25マイル、一本のコースを取ると、次第にうねりは弱くなる。
風はヨット真上りの法則どおり、メインがバタバタ言う真上り。
小浜に近づく程、海況は静かになる。
残り17マイルぐらいに長さ100mぐらいのゴミが行く手を塞ぐ。
ゴミが殆どなくなるところまで、ズーと、右へ進み避ける。
残り15マイルぐらいから湖の様な静かな海面に変わる。
さらに近づき油を流した様。
前に雲仙岳があり、ブランケットなのか。

釣り船、モーターボート、漁船等が全くいない。

残り3マイル程で、風がかわりジェノア、クローズホールド。
残り1マイルでジブ、メインを畳む。

アプローチ:
東から小浜に向かうと、次第に港に近づくがどこが港で何処が入り口かが、双眼鏡で見ても全く解らない。
白灯台も赤灯台も無い。
ごくごく接近するが同じく不明。

と、猛烈な勢いでモーターボートか漁船か、こちらを追い抜いて行く。
ラッキー、これで入り口が解る。

入港してみて解ったが東から小浜に向かうと入口に直角に近づき、入口が見えないのだ。
さらに、先まで行くと、港の中が見渡せて、着ける立派な桟橋が見える。

先ず、TOBAMP(橘湾小浜港沖) 32 43.890N 130 12.160Eに至ると港の中と桟橋が見える。
次に港入口 TOBAMA(橘湾小浜港)32 43.720N 130 12.320Eへと進めば良い。
下記の航路を参照。

すぐ、後ろ、観光案内所の裏、大きなビルが小浜総合支所、そこで係留届を済ます。

泊地:
水:公園に水飲み場。蛇口あり。但し遠い。
風呂:温泉多数
スタンド:未確認
食材:近いのはA-COOPしかし大型スーパー「大門」が良い
コインランドリー:「大門」近く

ウエイポイント、航路、トラック

直線は設定航路、曲線(ブルー線)は実際の航跡です。

NOMOOBA(野母港→橘湾小浜港) 30.7nm
FUEL:2L/h
LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
NOMO(野母漁港入口) 32 35.550N
129 45.1400E
NOMOP1(野母沖1) 32 35.800N
129 45.000E
341 0.3 0.3 0:03 0.2
NOMOP2(野母沖2) 32 35.800N
129 45.000E
235 1.9 2.1 0:24 1.2
TOBAM1(小浜へ1) 32 32.100N
129 45.600E
150 3.1 5.2 1:02 3.1
TOBAMP(橘湾小浜港沖) 32 43.890N
130 12.160E
69 25.3 30.5 6:05 18.2
TOBAMA(橘湾小浜港) 32 43.720N
130 12.320E
148 0.2 30.7 6:08 18.4