泊地情報

沖野島マリーナ  
Okino-shima Marina    
34 09.500N 132 26.400E   

艇を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大                         
Google Map 広島観音マリーナ→沖野島マリーナ 2009 
Google Map 御手洗→沖野島マリーナ 2013
Google Map  沖野島マリーナ→宮島 2013
Google Map 
沖野島マリーナ→蒲刈海の駅 2009

航路情報
広島観音マリーナ→沖野島マリーナ
御手洗→沖野島マリーナ

三度目の沖野島マリーナ訪問
好い所だとみんなが薦める台風でも静穏な沖野島マリーナにやってきました。
沖野島マリーナ再訪013

沖野島マリーナ    泊地情報:
2016.8.22
前回と特に変化は無い。
ただ、沖野島マリーナのサイトが見られ無くなっているので、
参考になるアプローチ図も確認できない。
下記の内容を参考に入ってください。
料金も同じ。県外は1/2の値段。33Fで1782円。
シャワーはコイン投入と有料になりました。
外にあるシャワーは無料で使えます

2013.9.25
沖野島へのへのアプローチ:
一面、幾つもの牡蠣筏が浮かんでいる。
マリーナのサイトに入港案内1と2があり、
牡蠣筏と筏端を示すブイを上手く書いている。
大変参考になる。
進んで行くと、確かに、浮かんだ板の上に大きな黄色いブイが見える。
これが、筏の端を示すブイだ。
筏の間を進むコースと陸側に大周りするコースがある。
陸側の大周りコースの方を選択するのをお勧めする。
慣れない寄港者には危険が少ない。
計画航路で沖野島マリーナに入ろうとすると牡蠣筏にぶつかる。
大きく北東にまわって入港する必要がある。
下記のブルー線、航跡を参照。


2007.9..26

沖野島へのへのアプローチ:
港湾案内p67
マリーナ紹介ホームページ
http://www1.sphere.ne.jp/toss/

沖野島マリーナの直前は正面一面のいかだがある。いかだを避け、
左に大きく廻っていかだの後ろに行くと沖野島マリーナのヨットが多数見える。
入港に当たって電話をすれば、係留バースを指示しもやいを取りに出てくれる。

沖野島マリーナ泊地情報
瀬戸内海で台風避難の出来るハーバー。
広島から15マイル(約27キロ)の距離にある風光明媚なマリーナ。
ここは広島、徳山その他いろんな人から寄ると良いと言われました。
陸から行くとかなり不便なところ。緑の島や半島に囲まれた静かで美しいマリーナです。
個性的なヨットも係留されており予想よりずっと大きなマリーナでした。

高速インターネットは先ずダメだろうと思いながら試したところ、
電波は弱めですがチャント接続出来ました。不思議だ。
対岸には家が見えるがマリーナの廻りは家も店も一軒も無い。
この島は海軍兵学校で有名な江田島である。
同じ島なのだがこのマリーナがある島の南半分は能美島と呼ばれているようだ。
この江田島というか能美島の南東の角に殆どくっついて小さな沖野島と言う島がある。
正確に言うと江田島にくっついている小さな島、沖野島に沖野島マリーナはある。
今は当然、橋で江田島と繋がっている。
もともとは台風時に漁船が避難してくる湾だったそうだ。
波の入らない湾は緑の山に囲まれている。


また、トイレはウオシュレットだ。鏡もくもりなく磨かれている。
水を使おうとすると長いホースがBOXに収納されている。
これはホースが熱で溶けないよう意図したものと思われる。初めて見る対応だ。
観音マリーナのような大きなマリーナでもホースが熱で溶けて手や船が汚れる。
この汚れは普通のシンナーでは取れず、ラッカーシンナーが必用になる。それを避けた対策だ。
マリーナ全体もおおらかな感じがあり、ちまちましていない。
諸所に知久さんの配慮が感じられる。

是非一度訪れられることをお薦めします。
美味しいものをいっぱい積み込んでから行ってください。
食料の調達や外食は全くダメですので念のため。


水、電気:ポンツーンにあり。水を使おうとすると長いホースがBOXに収納されている。
これはホースが熱で溶けないよう意図したものと思われる。
食事:無し。
食品仕入れ:食料の調達や外食は全くダメ。事前に用意が必要。
風呂:マリーナのシャワー室
コインランドリー:バス。
トイレ:ウオシュレット、鏡もくもりなく磨かれている。
ガソリンスタンド:マリーナ。
係留料:県外者は安い。100円/フィート

泊地情報、航路情報一覧に戻る

  泊地【Berth   係留場所【Berth
 牡蠣筏 注意ブイ  
   

Okino-shima Marina
Google Map  Mitarai Port→Okino-shima Marina 2013
Google Map  Okino-shima Marina→Miyajima 2013
Google Map  Hiroshima Kanon Marina→Okino-shima Marina 2009
Google Map  Okino-shima Marina→Kamagari Port 2009

September 25, 2013
Approaching Okino-shima Marina:
Rafts of oyster firms are spread all over.
The marina’s web pages show approach routes, the rafts positions and buoys at the rafts corners well.
These two pages below are very useful:

http://www1.sphere.ne.jp/toss/nyukou1.jpg
http://www1.sphere.ne.jp/toss/nyukou2.jpg

As you proceeding to the marina, you will see big yellow buoys on floating boards, which indicate the corner of the rafts.
Two courses are shown on the second web page above.
One goes through between the rafts; another goes around the rafts.
I recommend you the near-land going around course, because it is less risky for visitors.

On my Google map, the red line (= my original route plan) hits the oyster rafts before the marina.
Then, as the blue line (= track chart) shows, you move widely to northeast and go around the rafts.

September 26, 2007
Approaching Okino-shima Marina:
There are rafts in front of Okino-shima Marina.
After going around the rafts, you will see many sailing boats mooring at the marina.
If you call the marina office, the marina staff will go out and take your dock lines.

Okino-shima Marina is a typhoon heaven in Seto Inland Sea.
It is a scenic marina, 15 miles (27 km) away from Hiroshima.
People in Hiroshima, Tokuyama and others recommended me to visit here.
While its land access is not convenient, it is a calm beautiful marina surrounded by green islands and peninsulas.
It was bigger than what I had expected.
I also saw distinctive-looking sail boats here.
While there are houses on the opposite shore, no house or no shop around the marina.

The island of the opposite shore is Eda-jima Island which had a famous naval academy.
The south half of Eda-jima Island is called Nomi-jima Island, which is now bridged with Okinoshima Island.
The cove of the marina at Okino-shima was a typhoon heaven for fishing boats.
It is no wave cove sheltered with green hills.

Toilet is douche-equipped. Its mirrors are well polished.
Power and water are available at the pontoon.
Long water hoses were housed in boxes to be protected from the sunshine heat.
It was new for me. Even at big marinas, water hoses are exposed out to the weather and its surfaces are melted.
Melted hoses make your hands and clothes dirty, which can’t be removed without lacquer thinner.
The housed non-exposed hoses won’t be melted.

I felt generous hearted spirit of the marina.
I strongly recommend your visit with plenty of foods loading, because no shop or no restaurant around the marina.

The marina has shower rooms and a gas stand.
A coin laundry requires a bus ride.

Additional Information for English Version
Okino-shima Marina has Japanese web site, in which two pages above show the rafts positions and approach routes.
http://www1.sphere.ne.jp/toss/
The marina will be suitable for your long stay.
Or, you might leave your boat here and go away for long time.

Return to Cover Page