....................................

伊豆半島

下田港
Shimoda                         
34 40.400N 138 57.300E
艇を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大。
Google Map 熱海→下田ボートサービス前、ポンツーン(C)2012
Google Map 下田ボートサービス前、ポンツーン(C)→稲生沢川、川下のポンツーン2012
Google Map 松崎→萩谷の入江→岩地→石部→雲見→下田横抱き(A)         
Google Map 下田横抱き→伊東港(駿河湾巡航帰り)013
Google Map 妻良港→下田港横抱き012     
Google Map 012熱海→下田ボートサービスのポンツーン(B)
Google Map   013福田漁港→下田港横抱き

航路情報
下田→伊東013
妻良港→下田港横抱き012
熱海→下田横抱き
松崎→萩谷の入江→岩地→石部→雲見→下田横抱き013
福田港→下田横抱き013

松崎→萩谷の入江→岩地→石部→雲見→下田へ 012春
妻良港から石廊崎沖を交し、暗岩、洗岩を縫って下田港に入る09
豪雨、稲妻、雷、何も見えない中、熱海から下田へ013 9月
伊豆半島に戻ってきました013 11月
波2m後4mの予報の中、下田へ。真っ暗な中、入港2014.11.4

下田港泊地情報
下田港には3つの泊地がある。
A:稲生沢川、横抱き
  稲生沢川に数珠つなぎに停泊しているヨットの一番端に横抱きさせてもらう。
  ここは無料である。30年以上前から下田に係留するヨットはここで横抱きさせてもらってきた。
  夏などは留めておくと、夜中に東京湾から来た船が横抱きしたりする。お互い協力しあう。
B:稲生沢川、川下のポンツーン
  下田ボートサービスの経営する稲生沢川、川下のポンツーン
  係留料:33fで4,000円。36fで4,500円(値上がりしました)水電気あり。
  上記、AとBは温泉銭湯も近く、食事、観光に便利。
C:下田ボートサービスの前、ポンツーン
  下田ボートサービスの前にある長いポンツーン。下田ボートサービスが経営。
  大型艇はここに留める。町中には少し遠い。料金未確認。
  下田ボートサービス(株)0558-22-5511〒415-0013 静岡県下田市柿崎36-54

下田港へのアプローチ:
伊豆半島の先端、石廊崎と下田の間は小島や洗岩、暗岩が多く、危険な航海域である。
港湾案内に有る様に、
西からアプローチする場合、航路の南側に
   1)トヨ根
   2)サク根がある
北側に
   1)雁股根
   2)白根
   3)後藤根
     がある。
waypointは石廊崎沖に34 35.500N 138 51.800Eを取り、
下田港沖に、34 38.400N 138 56.600Eを取って進めば上記の根を避けることが出来る。
次ぎの目標として港湾案内にあるように下田港内のみさご島を目指して進む。
このコースを進むと犬走り島の灯台をかすめることになるので、
近づいたところで灯台を左に見て下田港内に入る。
東からのアプローチの場合、爪木崎はいつも波が悪い。陸から少し離れて航行するのが望ましい。

「A:稲生沢川、横抱き」と「B:稲生沢川、川下のポンツーン」の場合
水  :横抱きの場合、岸壁直ぐそばの洗い所は水道を止められている。ガソリンスタンド、又はトイレ。
    有料ポンツーンには電気、水道あり。
燃料:横抱きの場合、1分。ただし、数珠繋ぎの船の上を20Lのポリタンを持って運ぶのはしんどい。
    私は20Lポリタン4本をテンダーに乗せて運んだ。
風呂:温泉銭湯が7分ぐらい。良い風呂。
外食:多数あり。お進めは「ごろさや」という和食の店。
コインランドリー:横抱きの場合、目の前。
トイレ:下田ボートサービスのポンツーンから2分、洋式。川沿いから1分。和式
     ペリーロードの起点、旧澤村邸横に特別綺麗なトイレが出来た。お勧め。

2016.4.30
特に変化なし。
横抱きの場合、以前より浅くなりました。
干潮時には着けられないと思った方が良い。
きれいなトイレの多目的トイレはウォシュレットです。
2014.11.4
入港は陸に向かって左側の防波堤間を通った。
出航時には陸に向かって右側、海に向かって左側を通った。
下田港の海に向かって左側防波堤を出る際、
目の前に黒いブイに40φぐらいの極太ロープが針路をふさぐ様、沖につながっているのを見た。
これが夜だったったらと寒気を感じた。要注意。
水深注意:
今回も横抱きで留めさせてもらった。
横抱き完了後、夜中に大潮で、水深1mを切った。
泥に埋まるらしく、艇が傾くことはなかった。
ただ、横抱きしようと近づく時は艇は乗り上げて動けなくなる。
潮の状況、水深を見ながらアプローチする必要あり。
2014.5.18
横抱きの艇は元のあぃわぃさんに戻りました。いつもありがとうございます。他は状況に変化無し
2013.11.6修正
川の横抱き泊地。
一番外の船が2番目の船と入れ替わりました。

泊地情報、航路情報一覧に戻る

 Aの横抱き係留状況【BerthA  Bのポンツーン係留状況【BerthB
Aの横抱き係留状況【BerthA   
 
   
 A&Bの泊地【BerthA&B  Cの泊地【BerthC

Shimoda Port
Shimoda Tourist Association has English web site:
http://www.shimoda-city.info/index_e.html
google map Atami→Shimoda C-Pontoon
google map Shimoda C-Pontoon→Shimoda B-Pontoon
google map Atami→Sshimoda B Pontoon
google map Matuzaki→Hagiya→Iwachi→Ishibe→Kumomi→Shimoda Alongside Another Boat

Approach Shimoda Port:
The waters between Shimoda Port and Irozaki Point, which is the south end of Izu Peninsula, are dangerous, because there are many rocks some of which are hidden and others are being washed by waves.

When you approach from west, there are rocks named;
1)Toyone
2)Sakune
in south of your course. In north of your course, there are rocks named;
1)Karimatane
2)Shirane
3)Gotone
To keep out of those rocks, you take your course on the waypoint at 34 35.500N 138 51.800E off Irozaki Point and on another way point 34 38.400N 138 56.600E off Shimoda Port.
Then, head to Misago Island inside Shimoda Port as the next target. On this course, you will pass by Inubashiri Island. Passing by the light house at the island to your left, you move into the port.

When you approach the port from east, the waters are always heavy off Tsumeki Point.
Keep your course with enough room between the land.Three Berthing Areas inside Shimoda Port:

A) Mooring alongside at Inozawa River
  Moor alongside at the outmost boat of a chain of boats mooring at Inozawa River.
  Free of charge. For over thirty years, boats coming to Shimoda have moored alongside here.
  In a summer mid night for example, sailors were working together to moor a boat came from Tokyo.

B) Pontoon at the downstream of Inozawa River
  There is a pontoon managed by Shimoda Boat Service at the downstream of Inozawa River.
  The pontoon has water and power with JPY 4,000 fee for a 33ft long boat or JPY 4,500 for 36ft.

C) Long Pontoon in front of Shimoda Boat Service
  Shimoda Boat Service has a long pontoon in front of its office in the east area of the port.
  Large boats moor here. It is away from downtown. Visit its English guide:
  http://www.umi-eki.jp/en/chubu.html#Shimoda

Above A) and B) berth are near an “Onsen” public bathhouse, and convenient for eating and sightseeing.
At A) water is available at a gas station or toilets. A water tap near the river is locked.
At B) water and electric are available at the pontoon.
At A) fuel is 1 minute away. As it is a hard work to carry a 20 litters hand-carry fuel tank walking over the chain of boats, I carried four hand-carry fuel tanks on my tender boat.

A good Onsen, i.e. hot spring, public bathhouse is 7 minutes away.
There are many good restaurants. I recommend Japanese food restaurant “Gorosaya”.
A coin laundry is close to the river.
A western style toilet is 2 minutes away from B) and a Japanese style toilet 1 minute away from the river.
A new very clean toilet is now built at the side of historical Sawamura House, which is at the start point of Perry Road.

November 4th, 2014
When I went into the port, I went through breakwaters on my left side.
When I went out from the port, I went through on my left side toward the sea.
At that time, I saw a black buoy which connected 40 mm rope blocked the course and extended to the offing.
Thinking what happened at night, I became scared. Caution needed.

I moored alongside as usual.
As the tide got lowered at night, the water depth got less than one meter.
As the bottom is mad, the boat got lowered without lean.
But, when you approach there, you will be stuck there. Check the tide table and the depth.

May 18, 2014 
Thanks for the boat at which I always moor my boat alongside. The port status has no change
Nov 6, 2013 Update
At the “mooring alongside” berth, the first outmost boat has switched places with the second outmost boat.

Additional Information for English Version
Shimoda Tourist Association has English web site:
http://www.shimoda-city.info/index_e.html

Return to Cover Page