泊地情報

九州

外浦     
31 30.7600N 131 22.7100E

艇を留める位置の詳細はGoogle Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 油津港→外浦港
Google Map 外浦港→内之浦

航路情報:
油津港→外浦港
外浦港→内之浦港

古い歴史を持つが、あまり行った人がいないと思われる外浦をヨットで訪れる2006

九州宮崎県 外浦港 2006.9.5

歴史の上では油津以上に活躍した港であった。室町幕府の正式な遣明船の寄港地である。
九州一の天然の良港と江戸時代初期までは言われていた。
その後、稲作地開墾の影響で浅瀬が増え、港としの優秀さが減じていった。
ただ、依然として天然の良港であることに変わりは無い。
しかしながら現状では寄港地としては油津に及ばない。ただし港周辺には景勝地が集積している。
マリンビューワーなんごうという景勝地めぐりの船が出ている。

泊地:左手、奥の漁港船黙り。私の寄港したのは9月初旬で、一隻も船は居ない。
そこで漁協に挨拶にいったら本当は・・・とか、くちごもっていたが、特にダメとは言われなかった。
こんなに空いているのだから当然だろうと思っていた。
後日、通りかかった人に聞いたところ季節的に船が1艇もいないがやがて帰ってくるとのことであった。
寄港の季節によっては入れ無いのかも知れない。

店:直ぐ側に1件、小型スーパー。あとは遠い。10分ほど。駅までは30分はかかる。
給油:8分ぐらい
トイレ:無い。10分ぐらいにある公共図書館まで
風呂:無い。東岸の栄松漁港の裏側にプリンスの美しい露天風呂がある。歩いては行けない。800円。
水:目の前の工場か民家でもらう。
コインランドリー:南郷駅のそば、A-COOPの前にある。歩いていくのは無理。

右岸にある栄松漁港は別の漁港。
行ってみたが漁船溜まりは着けつ余地はないが、大きい岸壁には船は1艘しかいなかった。

#私は歴史的興味で是非にと訪れたが、一般には油津から1時間ほどで行けるので、
・みちのえきなんごう
・栄松ビーチ(非常にきれいな海岸、前の島でサンゴ、魚をみることができる)
・南郷プリンス
等で遊び叉、油津に戻るのが良いと思われる。

舫い状況


赤矢印が泊地