瀬戸内海

味野港、マリーナUW1→白石島新港
34 27.570N 133 48.880E
34 24.410N 133 31.550E

艇を留める位置の詳細はGoogle Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 
味野港マリーナUW1→白石島新港

泊地情報:
味野港、マリーナUW1             
白石島新港

1年ぶりに白石島新港へ。ポンツーンの状況が良くなっていました。2017.7.10

味野港、マリーナUW1→白石島新港 21マイル

航路情報:
2017.7.10
味野港を出ると、杭が何本も立っているのが見える。のり網の印か。

味野港を出てチョットいったところに、ニューペックやGPSプロッターには小判型の緑がある。
これはなんなのだろう。海図ではよく見ないと気づかない。
ただ、薄い黒で楕円の様に描かれている。
GPSプロッターの画像を見ながら、その部分を迂回する。

瀬戸大橋を潜るとすぐ、水島航路で、大型船が目の前を通過していく。

少し先、弁天島近辺はいつもの様に、潮が極めて強い。
連れ潮にもなるし、逆潮にもなる。

手島の沖は今年も、点々と白いスチローにル赤旗が長く広く囲っている。
用心して、設定航路より手島から北に離れて進んだ。
旗と旗の真ん中を通る。真ん中なら問題なし。

白石島新港の様子が変わりました。
ポンツーンが長く岸壁に沿ってあるが、
昨年までは、廃船としか見えない小型船が全面的にポンツーンを占拠していた。
槍着けでも、留める余地は殆どなかった。

ところが、今年はそれ等の船は全て取り払われていた。
また、ポンツーンの上に散乱していた、ゴミとしか思えないして釣り関連の諸材も廃棄されていた。
ポンツーンはきれいに全て空いていた。

しかし、私が寄港した時は36フィートぐらいの大型ヨット2艇が横着けしている。
ポンツーンを殆ど使ってしまっている。
その2艇の空いているところに槍着けした。

状況は非常によくなったと言って良い。

ウエイポイント、航路、トラック
直線は設定航路、曲線(ブルー線)実際の航跡です。

AJISHIR(UM1→白石島新港) 21nm
FUEL3L/h
LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
AJINOU(児島港UW1) 34 27.570N
133 48.880E
MUROKP室木島沖) 34 224.700N
133 51.900E
146 3.8 3.8 0:45 32
SEN6(仙酔島6) 34 24.770N
133 49.010E
279 2.4 6.2 1:14 3.7
SEN5(仙酔島5) 34 24.630N
133 47.210E
272 1.45 7.7 1:32 4.6
SEN4(仙酔島4) 34 24.320N
133 46.420E
252 0.7 8.4 1:40 5
SEN3(仙酔島3) 34 25.400N
133 34.000E
283 10.3 18.7 3:44 11.2
SHIR1(白石島1) 34 24.410N
133 31.800E
249 2.1 20.8 4:09 12.4
SHIR(白石島新港) 34 24.410N
133 31.550E
277 0.2 21 4:11 12.5