泊地情報

ふるさと村桟橋      
34 28.190N 134 14.110E

を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 王子前漁港→ふるさと村桟橋2016.9.11
Google Map ふるさと村桟橋→引田港2016.9.12

航路情報:                  
王子前漁港→ふるさと村桟橋
ふるさと村桟橋→引田港

初めて、ふるさと村桟橋にやってきました2016.9.11
 
泊地情報:
2016.9.11

ふるさと村桟橋へのアプローチ:
前方奥に丸くて三角に尖った建物あり。
釣り用桟橋が長く出ていて先ず目に入ります。
桟橋は釣り桟橋に直角の岸壁に2本。その奥に1本。計3本です。
一番奥にある桟橋は係留対象ではありません。
3本の桟橋の左右に1&2、3&4、5&6、と文字が書かれています。

係留手続きはふるさと村の食事が出来る店で行います。
長さに関係なく、1泊1080円。

トイレ:係留手続きをした店の奥。洋式あり。
水  :係留手続きをした店の裏に流しあり。使って良いと言われた。
外食:係留手続きをした店。島の光が経営する店は生そうめんだけ。
食材仕入れ:無い。外の道路を右に進むと1軒だけ食品何でも屋がある。
        池田港まで行けば大きなスーパーがある。
風呂:係留者のみ国民宿舎で入れる。温泉、きれい、景色良し、ナント、料金150円。
燃料:未確認
コインランドリー:無い

状況報告:
ここは地域の大規模開発地でした。
食事の出来るところ、お土産屋は勿論、山の上に国民宿舎、テニスコート、イベント広場、
体育館、セミナーハウス、釣り桟橋、ファミリーロッジ、オートキャビン、ファミリープールと
大規模な地域開発となってました。シーカヤックの体験コースなどもあります。

桟橋に舫った場合は国民宿舎で風呂に入れます。一般には開放されてない。
地元の農家の産物などはありませんでした。
また、ふるさと村以外は何もありません。
生活は無理ですね。
お遍路さんの巡る何番かのお寺が直ぐそばにありました。

そこで、隣の池田港まで行ってみました。歩いて、30〜40分。
一日に何本かしかバス便が無いので歩き始め、トンネルを抜け、国民宿舎への説明看板を読んでいると、
丁度バスが止まる。すぐ乗って池田港まで。
ここは大型フェリーが寄港します。
大きな病院やスーパーもあります。

立派な桟橋に係留しているヨットがいたので聞いたところ、ビジターも留められそうです。10m以内で2600円/24時間。
問合せ先、八木マリン 0879-75-1173
産直市場でスイカを安く売っていたが、重いのでアキラメる。
帰りは周囲を眺めながら歩いて帰る。

 係留状況2016  係留場所、桟橋3本 2016
 
 桟橋は3本ある。係留したのは真ん中  池田港の立派な桟橋に留まれます