航路情報

瀬戸内海

ふるさと村桟橋→引田港燈台
34 28.190N 134 14.110E 34 13.480N 134 24.660E

艇を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map ふるさと村桟橋→引田港2016.9.12

泊地情報:                         2   
ふるさと村桟橋
引田港

初めて、引田港にやってきました。歴史ある港町でびっくり2016.9.12

ふるさと村桟橋→引田港 19.3マイル

航路情報:
2016.9.12
小豆島ふるさと村桟橋→香川県引田港19.3マイル
6時、桟橋離岸。
今日は風が強いので(海上ではやや強い→10m以上)、
瀬戸内海でもスプレーを浴びると予想し、最初からヘンリーロイドで完全武装。
東の風が強く、風に立ててメインを揚げるのに手間取る。
直ぐ流されて風に立たなくなるので、何度か立てる作業を行う。
計画コースでは、ふるさと村の湾を出るとすぐ、備讃瀬戸の出口を斜めに横断する。
やはり、大型船の行き来が多かった。
東に向かう船も西に向かう船も多い。
超巨大船も何艇か見る。
今回は大型船に道を譲ることはなかったが、
1回だけ、斜め横断を変更し、直角横断に針路を変更し、急いで大型船の前を横切った。

7時10分に横断完了。

南東に向かうが南東の風。メインがバタバタ言う真登り。波も高い。
予想どおり、たいしたことは無いが、ずっと、スプレーを浴びる。
何度か雨も降ってくる。

初めての港なので入港は緊張する。
港に入って、いくつか分かれている港内をグルーと一周したが着ける場所が無い。
スターンアンカー、槍着けの準備をしていたが、横付けの可能性もあるので、
横付け用にフェンダーと舫いの準備を追加し、また港内を一周。
迷っているうちに岸壁から声。
親切な漁師さんが声を掛けてくれ、ここに着けろと指示し、
仲間と一緒に舫いを手伝ってくれる。
ありがとうございました。

10時過ぎに港に入ったが着岸、舫いできたのは10時40分


ウエイポイント、航路、トラック
直線は設定航路、曲線(ブルー線)は実際の航跡です。

FURUHIKE(ふるさと村→引田港)



19.3nm

FUEL:3L/h





LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
FURUSA(ふるさと村桟橋) 34 28.190N
134 14.110E





HIKE4(引田4) 34 26.100N
134 12.900E
213 2.3 2.3 0:27 1.4
HIKE3(引田3) 34 22.900N
134 14.500E
165 3.5 5.8 1:09 3.5
HIKE2(引田2) 34 14.700N
134 25.300E
140 12.1 17.9 3:34 10.7
HIKE1(引田1) 34 14.600N
134 25.300E
187 0.7 18.6 3:43 11.1
HIKEDT(引田燈台) 34 13.480N
134 24.660E
233 0.2 19.3 3:52 11.6