航路情報

瀬戸内海

祝島→安下庄灯台
33 43.050N 131 38.850E 33 53.980N 132 16.970E
艇を留める位置の詳細はGoogle Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 祝島→安下庄
google map 姫島→祝島

泊地情報:
祝島                           
安下庄

祝島から安下庄に移動

祝島 →安下庄
18.8マイル。

航路情報:
2014.9.21

いつも留めさせてもらう良栄丸の隣に、小型漁船が入った。
狭いが、その漁船の横(良栄丸側では無い)にどうにか入れる。
小型漁船の船長も特に文句を言ったりしない。
好意的だ。

2014.6.12
今回も良栄丸の、陸に向かって右側に留めさせてもらった。
舫いを取ってくれ、ヨットに好意的であった。
食事:A-COOPの前にある「うどん のち」は手打ちうどんで、味もいける。

竜崎温泉への無料バスが朝と夕方にあるが、
曜日によって安下庄には来ない。竜崎温泉に問い合わせること。

安下庄へのアプローチ
東安下庄の港入口に近づくと左(西)手にオレンジ色の三角屋根の観光施設らしき大きな建物がある。
港口の前には港湾案内どおり一文字防波堤が塞いでいる。
今回、初めて西から安下庄に入る。
一文字は右から入った方が入り易い。左端は陸とつながっている様に見える。

港入口右側にある灯台は赤。
港に入ると真正面に小さな砂浜。
左(西)の深く港があり右手にも船だまりがある。
左側が一番便利が良い。
左に曲がり右(北)側の空いているところに槍着けする。
私の場合は陸からここに入れろと合図してくれる漁師さんがいたので助かる。
この港の人は皆穏やかで親切だ。
私の着けた左の隣の船は中型漁船で良栄丸。
右には艇名の無い小さなレジャー風というか釣り船とうか小型のモーターボート。
その右の船も良栄丸と書いてあった。兄弟で船を持っているとのこと。
左手一番奥、モスグリーンの農協ビルの前は船を着けられる余地がある。しかし、浅くてダメ。
何しろ瀬戸内海、大潮から2日目、3m50は潮差があるのだ。よほど深く無いと乗り上げてしまう。
ここは前もヨットを留めたことがあるそうだ。

正面砂浜の右に入った船溜まりも係留可能
なおそのさらに東側と西安下庄にも港があるが、別の部落の管轄。
東安下庄が一番人が穏やかで親切らしい。

トイレ:着けた北側岸壁1分に公衆トイレ。対岸の公園5分にきれいな洋式。私はここ。
コインランドリー:なし
食品類買物:3分の農協スーパー
燃料:エオネス10分
食事:何軒かある
風呂:歩いて20〜30分ぐらいに竜崎温泉。700円。
水:トイレ
ウエイポイント、航路、トラック
直線は設定航路、曲線(ブルー線)実際の航跡です。

IWAIANGE(祝島→安下庄) 18.8nm
FUEL:2.5L/h
LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
IWAIT(祝島燈台) 33 47.160N
131 59.570E
IWA1(祝島1) 33 46.650N
132 00.400E
133 0.9 0.9 0:10 0.5
HIME2(姫島2) 33 45.800N
132 03.800E
114 3 3.8 0:45 2.3
HIME1(姫島1) 33 49.400N
132 09.700E
61 6.1 9.9 1:58 5.9
AGEN7(安下庄7) 33 52.100N
132 17.400E
74 6.9 16.8 3:22 10.1
AGEN8(安下庄8) 33 53.500N
132 16.800E
347 1.5 18.3 3:39 10.9
AGENT(安下庄灯台) 33 53.980N
132 16.970E
23 0.5 18.8 3:45 11.2