泊地情報

安下庄港 
Agenosho Port(English) 
33 53.980N 132 16.970E 
艇を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 
姫島→安下庄 2017.8.17
Google Map 御手洗→安下庄2017.7.15
Google Map 安下庄
Google Map 御手洗→安下庄014.6.12     
google map 祝島→安下庄014.9.22
google map 安下庄→姫島014.6.14

航路情報  
姫島→安下庄 2017.8.17
祝島→安下庄2014.9.22              
御手洗→安下庄2014.6.12 
安下庄→姫島2014.6.14   

良栄丸さんと正和丸さんの間に今年も留めさせて貰いました2018.7.12
良栄丸の横に又、留められました 2017.8.17
また、安下庄にやってきました2017.7.15                         
ヨットで安下庄を訪ねる09  
安下庄再訪2014.6.12    
祝島から安下庄に移動2014.9.21


安下庄港   

泊地情報:
2018.7.12
農協スーパーの隣に出来た木造トイレは、多目的トイレはウォシュレット
トイレから水を調達していたら、そんなところからはダメ。
と、車で自宅から取ってきてくれました。
3ガロン2、20Lポリタン2個。ありがたいことです。

2017.8.17
特に変化無し。
燃料を届けてくれると知る。
スタンド。中本石油。0820-77-1121 0820 77-0174
燃料を届けてくれた人は、いつも空いている、漁協に向かって左の岸壁にも
ヨットは留められると言っていた。かなり大きなヨットが留まっていたこともあるそうだ。
水深を確認する必要があるがこの岸壁も留められるかもしれない。

2017.7.15更新
今回も良栄丸の隣り、1艇分の空きスペースにスターンアンカー槍着け
明朝、船長に又、舫わせももらいましたと挨拶。空いていれば良いよといつもの様に快諾をいただく。
ただし、今スターンアンカー槍着けするヨットは先ずいない。
そこで今朝、港を見てまわったが、空いている岸壁は西のドンズマリ、漁協ビルの前の左(南)岸壁のみだ。
ここは水草が見え、浅くてヨットは留められ無いだろう。
とすると、東安下庄にはヨットは横着け出来ない、つまりヨットは着けられということになる。
槍着けのみという判断になる。もう少し情報を集めてみます。

港から外になるが、一文字の中の岸壁はいつも空いている。
ここなら横付けできる可能性大。
ただし、静穏な時でないと無理かもしれない。

なお、A-COOPの隣りに木造の新しい綺麗なトイレが新設された。
ここの大型トイレははウォシュレット。

その他は特に変わりなし。

2014.9.22更新
いつも留めさせてもらう良栄丸の隣に、小型漁船が入った。
狭いが、その漁船の横(良栄丸側では無い)にどうにか入れる。
小型漁船の船長も特に文句を言ったりしない。
好意的だ。

2014.6.12
今回も良栄丸の、陸に向かって右側に留めさせてもらった。
舫いを取ってくれ、ヨットに好意的であった。
ただ、岸壁に沿って設置されているポンツーンの板は直ぐ破れそう。
踏む時、気をつけること。

食事:A-COOPの前にある「うどん のち」は手打ちうどんで、味もいける。

竜崎温泉への無料バスが朝と夕方にあるが、
曜日によって安下庄には来ない。竜崎温泉に問い合わせること。

2009.5.26

安下庄港へのアプローチ:

私の場合東から沖家室島の南端を目指す。
南端を交し転針した途端、海図どおり悪い潮と波に入る。
短い間だったが、海面が波立ち船首が左右する。
航路を離れ安下庄湾を目指す。
広く囲まれた湾に近づくにつれ波、風とも次第に穏やかにる。
安下庄は不思議なところだ。こちらの気持ちまで落ち着いて穏やかになっていく。
実は安下庄の情報が無い。港湾案内を見ると幾つか港があるようだ。
東安下庄と書いた港を目指す
東安下庄の港入口に近づくと左(西)手にオレンジ色の三角屋根の観光施設らしき大きな建物がある。
港口の前には港湾案内どおり一文字防波堤が塞いでいる。
港入口右側にある灯台は赤。
港に入ると真正面に小さな砂浜。
左(西)の深く港があり右手にも船だまりがある。
左側が一番便利が良い。
左に曲がり右(北)側の空いているところに槍着けする。
私の場合は陸からここに入れろと合図してくれる漁師さんがいたので助かる。
この港の人は皆穏やかで親切だ。
私の着けた左の隣の船は中型漁船で良栄丸。
右には艇名の無い小さなレジャー風というか釣り船とうか小型のモーターボート。
その右の船も良栄丸と書いてあった。兄弟で船を持っているとのこと。
左手一番奥、モスグリーンの農協ビルの前は船を着けられる余地がある。しかし、浅くてダメ。
何しろ瀬戸内海、大潮から2日目、3m50は潮差があるのだ。よほど深く無いと乗り上げてしまう。
ここは前もヨットを留めたことがあるそうだ。

正面砂浜の右に入った船溜まりも係留可能
なおそのさらに東側と西安下庄にも港があるが、別の部落の管轄。
東安下庄が一番人が穏やかで親切らしい。

トイレ:着けた北側岸壁1分に公衆トイレ。対岸の公園5分にきれいな洋式。私はここ。
コインランドリー:なし
食品類買物:3分の農協スーパー
燃料:エオネス10分
食事:何軒かある
風呂:歩いて20〜30分ぐらいに竜崎温泉。700円。
水:トイレ
泊地情報、航路情報一覧に戻る

Agenosho Port
Updated, Sep 22, 2014
Google Map Mitarai→Agenosho

There was a small fishing boat next to Ryoei-maru at which I always moor my boat.
Then, I managed to move my boat into a narrow space of the other side of the fishing boat.
The captain of the fishing boat made no complaint in a friendly attitude.

Updated, June 12, 2013

Again, I moored my boat at the right side of Ryoei-maru (a fishing boat) toward shore. The captain , friendly to the yacht, took my dock line.
Watch rickety wooden boards of the pontoon alongside the quay wall. When you step on a board, it could be easily broken.

A good restaurant: “Udon Nochi” in front of A-COOP serves you a handmade delicious Udon noodle.
There is a free bus service to Ryuzaki Onsen (hot spring) in the morning and the evening. Check the time table with Ryuzaki Onsen,
because the time table changes depending on the day of the week.

May 26, 2009
Approaching Agenosho Port:

I was sailing toward the south end of Okikamuro-jima Island from the east.
When I changed the course to the west after rounding the south end,
I faced rough waves and current as noted on the chart.
It was a short period though, the bow leaned to either side as the waves heaved up.

The closer to widely-surrounded Agenosho Bay, the calmer waves and winds were.
The calmer weather calmed myself down. It was a strange feeling at Agenosho.
While I saw some ports on the pilot book, I had not enough information on Agenosho.
Then, I sailed toward Higashi (= East) Agenosho.

You will see a big building with a orange triangle roof, which looks like a tourist facility,
on your left (= west) near the entrance of Higashi Agenosho.
There is a straight line breakwater in front of the port entrance as shown on the pilot book.
Then, you will see a red lighthouse at the right side of the entrance.

In the port, there is a beach dead ahead of you.
While there is a boat pool on your right side, the west side port on your left is deep enough and convenient.
Turn to the left and moor bow to the quay at an open space on your right north side.

When I approached, a fisher man onshore gave me a direction.
It was helpful. People here are gentle and kind.
The left side of my boat was a mid-sized fishing boat, Ryoei-maru.
The right side was a small pressure boat without boat name.
Next to the pleasure boat is another Ryoei-maru which is owned by another brother.

While there is an open space in front of moss-green Nokyo (Agricultural Coop) building at the innermost of the port, it is shallow.
Here is Seto Inland Sea.
The tidal difference is 3.5 meter, two days after the spring tide.
Not to go aground, you need an enough depth. There was a sail boat mooring here in the past though.

You may also moor at the boat pool in the right of the beach.
There are other ports in the east of the boat pool and Nishi (= West) Agenosho under different jurisdictions.
Higashi Agenosho looks most gentle and kind.

There is a public toilet one minute walk away from the quay.
I like a western style toilet in a park at the opposite shore. Water from the toilet.

No coin laundry.

A Nokyo supermarket is three minute walk away.

Fuel is at gasoline station ENEOS.

There are some restaurants.

Ryuzaki Onsen is available with JPY700 and 20-30 minute walking.

Return to Cover Page

 係留状況  係留場所
 港の外、一文字の中  係留できるのでは