航路情報

九州

硫黄島 硫黄港→鹿児島県 枕崎港           
30 46.712N 130 16.728E→31 15.310N 130 17.390E

艇を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 硫黄島 硫黄港→鹿児島県 枕崎港    

泊地情報:
枕崎港
硫黄島港
      

ヨットで枕崎港を訪れる

硫黄島硫黄港→鹿児島県 枕崎港  航路情報2007.6.18
56.7マイル。 

航路を横切る本船あり。注意。

硫黄島から枕崎方面には連れ潮があった。
当日はアビームよりの登りで風6m程度であったがメイン、ジブともフルセールで7ノットで快走した。
波1mと海況も良かった。

沖縄から硫黄島までになかったことであるが枕崎港に近づくにつれ藁のようなもの、枯れ木その他ゴミが浮かんでいる。

アプローチ:31 15.31 130 17.39の港前防波堤灯台は小さくて良く見えない。港入口の赤灯台は遠くから見える。
赤灯台を右に見て港に入れば左に白灯台も見える。中は広い。左側は大型船を着ける場所となっている。
港の中を北に進むと赤灯台があり右に見て船だまりに入る。右岸壁が泊地となる。

泊地:右岸壁は屋根がついて車が止まっている。
屋根付きの一番奥、蒲鉾屋根の手前あたりに着ける。

ここは船に合わせ、移動式の氷支給機を使う。
屋根付きの岸壁はがらがらでも氷を入れる大型漁船で一瞬のうちに、岸壁いっぱいにうまってしまう。
端につけたほうが良い。

キザッペさんは屋根付きの手前に留めるとある。
蒲鉾屋根前は毎日荷揚げがあり、セリが行われる。

ウエイポイント、航路、トラック

直線は設定航路、曲線(ブルー線)は実際の航跡です。

IOMAKU(硫黄島硫黄島港→鹿児島県枕崎港) 33.4nm
SPEED:5kt FUEL:2L/h
WAYPOINT LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
10(硫黄島硫黄島港) 30 46.712N
130 16.728E
10P1(硫黄島沖1) 30 46.000N
130 17.600E
139 1 1 0:12 0.4
10P2(硫黄島沖2) 30 45.200N
130 15.500E
252 2 3 0:36 1.2
10P3(硫黄島沖3) 30 47.000N
130 14.500E
340 2 5 1:00 2
MAKURA(鹿児島県枕崎港) 31 15.310N
130 17.390E
11 28.4 33.4 6:41 13.3