航路情報

松川浦漁港→四倉港燈台
37 50.230N 140 58.600E 37 06.470N 141 00.220E

艇を留める位置の詳細はGoogle Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 
松川浦漁港→四倉港

泊地情報:
松川浦漁港            
四倉港        

初めて四倉港にやって来ました2015.9.3

松川浦漁港→四倉港
46.3マイル。

航路情報:2015.9.3
この航路に魚網は無い。
このコースは福島原発の1号機と2号機沖を通過する。海岸から2マイル弱を航海。
逆のコースを前回進んだ時、小さな警戒船が近づいて来て、VHFでやり取りする様言われる。
急いで、VHFをONにする。海上保安庁と思われる艇からVHFで状況を聞かれた。
今回はこの様なことの無い様、最初からVHFをオンにし、手元に置いて進む。
先ず、第一原発沖を通過。第二原発沖に近づくと大きな警戒船が目に入ってくる。
海上保安庁の船と同じくらい大きな艇がこちらに近づき、ズット後に着いて来る。
ところが、原発を通過してしまうまで、VHF16チャンに呼びかけは無かった。
大型警戒船に乗っている人により対応が違うのかかもしれないがVHFに電源を入れておいた方が良い。

私の場合、このコースで1.5〜2ノットの逆潮があった。

四倉港へのアプローチ:
北から四倉港に向かうにjは一文字防波堤の左(南)端の赤燈台を目指す
赤燈台を右に見て一文字に沿って進むとすぐ、左(南)に白燈台。
白燈台を左に見て港内に入る。

泊地:
3つの港がある。
現時点で船を着けられるのは港湾案内に「第一ふなだまり」と書かれた真ん中の港内だ。
北側にある「第二ふなだまり」は全面的に浅く、ヨットは乗り上げる。
私はバックで逃げられたが、動か無く可能性があり、入るのは止めた方が良い。
西側、「第三ふなだまり」は現時点で、岸壁に沿った道が工事中。
着けているのは大型工事船と大型漁船のみ。
ビットは全て使われており。使えるビットはなかった。

問題!
船を着けられるのは「第一ふなだまり」だけだが、問題がある。
ヨットを着けられるスペースが無い。
私は南側に一人乗り船外機ボートが槍着けして並んでいる端に槍着けした。
「第一ふなだまり」に横付出来る余地はない。
ただ、四倉に2泊したが、漁船は全て動かないと解った。
そうであれば、横付した漁船間に無理に横付出来ない事は無い。
一旦着けて、地元の人に大丈夫か聞く手もある。

外食:近くに何軒かある
風呂:6〜7分に温泉。ただし、2000円と高い
食材:セブンイレブンとファミリーマートが10分位にある
    7〜8分に道の駅があり、地元産の色々な物が買える
    大きなスーパーは30分。四倉駅前のMARUTO
水:道の駅の海側に広い公園。水飲み場2カ所あり。
トイレ:道の駅の手前に24時間、新しく大きなトイレ。ウォシュレット。道の駅の中にも。9時〜18時
燃料:5〜6分。泊地から見える
コインランドリー:7分、セブンイレブンの少し先、左側

ウエイポイント、航路、トラック
直線は設定航路、曲線(ブルー線)実際の航跡です

MAYOTU(松川浦漁港→四倉港) 46.3nm
FUEL:3.5L/h
LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
MATUKT(松川浦燈台) 37 50.230N
140 58.600E
HISAN1(久之浜1) 37 50.230N
141 00.400E
98 1.4 1.4 0:17 0.9
HISAN2(久之浜2) 37 37.000N
141 04.600E
174 13.6 15.1 3:00 9
HISAN3(久之浜3) 37 13.200N
141 04.200E
189 23.8 38.9 7:46 23.3
YOTUKT(四倉港燈台) 37 06.470N
141 00.220E
213 7.4 46.3 9:15 27.7