航路情報

九州

野間池漁港 笠沙恵比寿→甑島 中甑港           
31 25.100N 130 08.000E31 50.040N 129 51.650E

艇を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 野間池漁港 笠沙恵比寿→甑島 中甑港          


泊地情報:
野間池漁港 笠沙恵比寿
中甑港

ヨットで甑島 甑港を を訪れる

野間池魚港 笠沙恵比寿→甑島 中甑港 航路情報2007.6.28
30マイル。 

野間池港を出て、中甑港沖まで1っポンである。
当日は下げ潮で、逆潮であったが0.5ノット程のマイナスですんだ。
南から西の風で甑海況は波も小さく、快適な帆走日和であった。甑島に近づくにつれ風は落ちる。

不思議なことに茅牟田岬を越え、山に囲まれた大きな湾に入ると波が大きくなる。湾内に潮がある。

xアプローチ:
港湾案内中甑港の右下にある岩の出っ張りの位置に現在は防波堤が出ている。
しかし台風で破壊され、修理中である。私の行った時は防波堤を囲む様に赤い旗が何本も立っていた。
港に進む進路にも何本かあった。赤いので目立つことは目立つが小さいので注意。

31 50.04 129 51.65の灯台を目指して行く。
フェリー岸壁が灯台のある防波堤と繋がって見える。灯台の前まで行かないとフェリー岸壁が確認できない。

泊地:
フェリー岸壁のフェリーが着くのと反対側に着ける。すでにつないである漁船の間、空いているところにつける。
1艇横付け出来るぐらいの余地はある。
私は槍着けにした。
となりのまき網漁船の船長はとても親切で、船に横抱きして漁船から乗り降りしても良いとまで言ってくれる。
また、水も漁協でもらえると教えてくれる。
全般にヨットに好意的である。

ウエイポイント、航路、トラック

直線は設定航路、曲線(ブルー線)は実際の航跡です。

NOMAKOSI(野間池港→中甑港) 30nm
FUEL:2L/h
LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
NOMAIK(野間池港) 31 25.100N
130 08.000E
NOMAP1(野間池沖1) 31 26.500N
130 07.900E
3 1.4 1.4 0:16 0.6
KOSIP1(中甑港沖1) 31 49.400N
129 51.000E
334 27.1 28.5 5:41 11.3
KOSHIK(中甑港) 31 50.040N
129 51.650E
47 0.8 30 5:51 11.7