航路情報

九州

長崎県 九十九島 西海パールシーマリーナ→長崎県 平戸島 平戸港
33 09.790N 129 40.670E33 22.310N 129 33.520E

艇を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 西海パールシーマリーナ→平戸港 

泊地情報:
平戸港                         
西海パールシーハーバー    
                                   
平戸をヨットで訪れる 2007
また、この美しいパールシーへ帰って来ました 2017.7.31                                             
美しい西海パールシーマリーナをヨットで訪れる 2007         

平戸→西海パールシーマリーナ  
20.8マイル。

航路情報:2017.7.31
計画航路(赤線)を修正しました。
HIRADO4(33 09.200 129 34.000)からPERARP5(33 09.000 129 38.500) までの針路の間に
UKIP(浮瀬沖)を設定し、浮瀬の南側を通ることとした。
この計画航路で筏にぶつかることはありません。

長崎県 九十九島西海パールシーマリーナ→平戸島 平戸港     航路情報:2007.8.7(火)
20.4マイル。 

パールシーマリーナを出て直ぐ、右(西)にある岩は20万分の1の地図には載っていないので注意。

平戸瀬:
平戸に南からアプローチする場合は平戸瀬を通ることになる。
平戸瀬の潮とまり(転流時)は日本水路協会発行の瀬戸内海・九州・南西諸島沿岸潮汐表にでている。

私が平戸瀬戸を通った時は11時14分が転流時であった。
11時直前に平戸大橋をくぐり正確に11時14分ごろ平戸港の入口についた。

行き会い船。平戸大橋に近づくまでは行き会い船は殆どなかった。
南下してくる本船(巨大船ではない)が3艇あった程度。平戸大橋をわたる転流時には南下してくる本船何艇かと行き会った。
橋をくぐるまで後ろから来た本船は1艇のみであった。

小型漁船の南下は3艇程度であった。
転流時には平戸大橋近辺では行き会う船が多いと考えた方が良い。
ただ本船は右側航路を取るので行き会いを心配する必要は無いが後ろから来る本船は狭い水路を
ヨットと同じ航路を取るので右に寄って道を空ける注意は必要である。

浮瀬近辺の長く大きな魚網:

waypoint PEARP5(パールシー5)33 09.000N 129 38.500EからHIRAD4(平戸4)33 09.200N
129 34.000E
へ向かうと浮島東で長く巨大な魚網?にぶつかり直進できない。浮島の南側を迂回した。
青線のトラックを参照。
オレンジ色の俵フェンダーの上に作られているので遠くから目視できるので見過ごすことは無い。

ウエイポイント、航路、トラック

直線は設定航路、曲線(ブルー線)は実際の航跡です。
以下は2017.7.31に修正したものです

反HIRAPEARL(西海パールシー→平戸港) 20.8nm
FUEL:3L/h
LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
PEARP1(パールシー1) 33 09.790N
129 40.670E
PEARP2(パールシー2) 33 09.370N
129 40.580E
197 0.4 0.4 0:05 0.3
PEARP3(パールシー3) 33 09.500N
129 40.060E
293 0.5 0.9 0:10 0.5
PEARP4(パールシー4) 33 09.260N
129 39.980E
202 0.2 1.1 0:13 0.7
PEARP5(パールシー5) 33 09.000N
129 38.500E
265 1.3 2.4 0:28 1.4
UKIP(浮瀬沖) 33 08.200N
129 37.500E
233 1.2 3.6 0:42 2.1
HIRAD4(平戸4) 33 09.200N
129 34.000E
296 3.1 6.7 1:19 4
HIRAD3(平戸3) 33 14.600N
129 31.800E
348 5.7 12.4 2:28 7.4
HIRAD2(平戸2) 33 19.800N
129 33.200E
19 5.3 17.7 3:32 10.6
HIRAD1(平戸1) 33 21.680N
129 34.440E
36 2.1 19.8 3:57 11.8
HIRADO(平戸港入口) 33 22.310N
129 33.520E
316 1 20.8 4:09 12.4