航路情報

塩釜港→松川浦漁港
38 19.210N 141 01.620E 37 50.230N 140 58.600

艇を留める位置の詳細はGoogle Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map  塩釜港→松川浦漁港015.9.1
Google Map 
塩釜港→松川浦漁港2009

泊地情報:                              
塩釜港        
松川浦漁港
                  

松川浦漁港、工事岸壁に着け再訪2015.9.1
震災後の松川浦漁港を訪れる2015.6.1
松島浦漁港をヨットで訪ねる2009

塩釜港→松川浦漁港
33.7マイル。

航路情報:
2015.9.1
塩釜では本線航路を進む。
狭い航路で3艇と行き会う。
外海に出て、少し行くと、巨大本船が前方に並んでいる。
12艇いる。前面を塞ぐように左右に展開している。
段々近づいて解ったが、8艇はアンカーを降ろし止まっていると解る。
多分、仙台港へ入る順番待ちなのだろう。
それにしても、松川浦から塩釜に向かう時は濃霧で何も見えなかったが、
同じ状況だったのだろう。知らなかったとは言え、驚き。

2009年には松島を抜けた後、松川浦の防波堤の中を進むMATUK2(松川浦2) 37 51.200N 140 58.100Eを
目指したが、今回は海が静穏で直にMATUKT(松川浦白燈台) 37 50.230N 140 58.600Eを目指した。
注意点は松島海域では設定航路どおり進んで欲しい。
微妙に浅いところがあり、乗り上げる恐れがある。
松川浦には今の時点では最初に入る白燈台も赤燈台も津波で壊れ無い。ブイが目印となる。
白燈台の代わりに緑ブイが浮いている。

松川浦にヨットを着けられるか不安であった。
前回6月に留めた工事中の岸壁が工事が終わって、漁船が着けているかもしれない。
など、考えながら、荷揚げの順番を待つ白い大きな漁船の間を抜け、
前回の岸壁に近づく。
OK!未だ工事中。
というより、この岸壁に入れない様、左右を金網で厳重に囲ってある。
とにかく此処しかないので、着ける。
松川浦は現在、全面的に工事中。
地震で全体に80cm地盤が下がったので、岸壁はその分、かさ上げ工事が進行中

泊地情報:2015.9.1
以下、6月の状況と今回も状況は同じであった。
2009年に来た時も6月も公式に留めるところは無かった。
津波による大きな被害で当時と港の状況が全く変わってしまっている。
私はゆっくり港内に入って行ったところ、
釣りの人が、県の船の後が空いているからそこに着けると良いと言われ着ける。
荷揚げ場の前だ。港の中では最適な所。
次の日、早朝漁師さんと話す。
明日、水曜はテスト操業の日だから、この岸壁は荷降ろしでいっぱいになる。
移動した方が良いと言われる。
荷揚げ場前の岸壁はきれいで便利だが、漁に出る日(水用日と?)の朝から15時ぐらいまでは着けられれない。
つまり、水曜日前日の火曜は泊れない。
また、私の場合、漁師さんとその話をしている時(火曜)に船が入って来た。
東側岸壁の一番右(南)の隅、が少し空いている。
漁師さんはあそこなら大丈夫だろうと教えてくれ、即移動。
移動したら今度は別の人が来て、大型巻き網漁船がここに戻るのでダメと言われる。
その後、漁協の人も来てここはダメだと言われる。
着ける所はありませんかと聞いたところ、無い。
漁師さんも言っていたが、港中、工事中で漁船も着ける所が無く横抱きしているそうだ。

漁協の人は親切で、本当はいけないんだけど、工事中で進入禁止の岸壁の利用を工事責任者に問合せ。
0kが出て、陸で工事している岸壁に着けた。
2015.6.1時点で、松川浦漁港は全面工事中。工事の状況を見て空いている所に留めるしかない。

水:港内でただ一つ大きな建物が氷販売所。その外に流し、蛇口がある。頼めば水はもらえるはず。
トイレ:無い
食材調達:スーパー2軒は津波で流され現時点では無い。
       松川浦を西に30分ほど言った所にローソン、100m先にセブンイレブン
       ローソンのトイメンに農協の販売店あり。野菜その他入手出来る。
コインランドリー:ローソンの手前。
          セブンイレブンのトイメン
風呂:10分、栄荘0244-38-8126 10時から

2009.10.11の記録
この航路に魚網は無い。

松川浦漁港へのアプローチ:
相馬港の防波堤、北の突端、白燈台37 52.050N 140 58.670を左に見て166で湾内に進む。
次に松川浦漁港の防波堤、北の突端白燈台 37 50.230N 140 58.600Eを目指す。
白燈台を左に見て南防波堤に沿って進む。
右の北防波堤の裏側に入り、導流堤の南側の漁港に入る。

泊地:
松川浦漁港へのヨットの係留は未確認です。

結果として解ったのだが、松川浦漁港にヨットは着けられ無いのでは無いかと思った。
北西の岸壁は全く船が居ないので私はその北よりに槍着けした。
しかし、それは日曜で船が居なかったので、月曜の夜中から船が動き出し、4時ごろから船が岸壁に着き出した。
私の留めたところは荷降ろしの場所で最もヨットを着けてはいけない所だと後でわかった。
しかし、私が着けた場所以外は船を着けられるような空きは無かった。

ウエイポイント、航路、トラック
直線は設定航路、曲線(ブルー線)実際の航跡です

SHIOMATUK(塩釜港→松川浦漁港) 33.7nm
FUEL:3.5L/h
LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
SHIOGA(塩釜港) 38 19.210N
141 01.620E
SIOYO3(塩要3) 38 19.350N
141 03.940E
94 1.8 1.8 0:21 1.2
MATUK0(松川0) 38 19.180N
141 05.740E
105 1.4 3.2 0:38 2.1
MATUK1(松川浦1) 38 18.500N
141 07.000E
132 1.2 4.4 0:53 2.9
MATUK2(松川浦2) 37 51.200N
140 58.100E
202 28.2 32.6 6:31 21.5
MATUKT(松川浦燈台) 37 50.230N
140 58.600E
166 1 33.7 6:44 22.2