航路情報

九州

熊本県 天草 牛深港→熊本県 天草 崎津魚港           
32 11.610N 130 01.890E32 18.430N 130 01.630E

艇を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 牛深港→天草 崎津漁港    

泊地情報:
牛深港港
崎津魚港      

人もも自然も素晴らしい。
海沿いに建つ天主堂の脇にヨットを着けられる崎津にやって来ました。

天主堂が目の前にある泊地。
風向明媚。キリシタンの歴史もあり、ヨットで来てこそ味わえる素晴らしい泊地。
ヨットが来るのは年に1艇程度だそうだ。

熊本県 天草 牛深港→熊本県 天草 崎津魚港 航路情報2007.7.8
23マイル。 

32 08.200N 130 03.700Eの牛深港入口までは色んな方向からの潮がある。
波もそのたびに違うが潮による波があった。
上げ潮に変わる直前に出港した。牛深を出るまでは1.5ノット程の連れ潮があった。

当日は32 08.200N 130 56.600Eから先、崎津湾に入るまで、周期の長いうねりのような波が続いた。

アプローチ:
崎津漁港に入口右側の灯台32 18.430N 130 01.630Eは白。高いところにあり遠くから目立つ。

白灯台を目指し、直ぐ近くまで行き、左から出る防波堤との間から漁港に入る。
左防波堤を越えると直ぐ左側に漁協のビルがある。
さらに先に進むと左から短い防波堤が出ている。先端に白いやぐらを組んだ灯台が建っている。
この防波堤の内側が船溜まりとなっている。

泊地:
私は防波堤に近いところで空いている所に槍付けした。
近くにいた漁師さんに着けて大丈夫か聞いたところ、幸いこの場所は最近船を置くのを止めたところでOK。ラッキーであった。
私が入港したのは12時前であった。
その時は防波堤に近いところに空きはいくつもあったが、夕方までに帰ってくる船もいくつかあった。
一旦空いている所につけて漁師さんに大丈夫か聞くのが良いと思われる。
海底は泥で錨ききは良い。

白灯台32 18.430N 130 01.630Eと左防波堤の間を入るまでは外海の波がある。
防波堤の中に入ると天然の良港で非常に静かである。

私がもやったところで聞いたところ、台風もこの場所でしのぐとのことであった。

ウエイポイント、航路、トラック

直線は設定航路、曲線(ブルー線)は実際の航跡です。

USISAKIT(牛深港→崎津魚港) 23nm
FUEL:2L/h
LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
USIBUK(牛深T灯台) 32 11.610N
130 01.890E
USIBP1(牛深沖1) 32 10.200N
130 04.000E
135 2.3 2.3 0:27 0.9
USIBP2(牛深沖2) 32 08.200N
130 03.700E
193 2 4.3 0:51 1.7
USIBP3(牛深沖3) 32 08.200N
130 56.600E
276 6 10.3 2:03 4.1
USIBP4(牛深沖4) 32 10.200N
130 55.400E
339 2.2 12.6 2:30 5
SAKITP(崎津沖)) 32 17.600N
129 58.800E
27 7.9 20.5 4:05 8.2
SAKITU(崎津漁港)) 32 18.430N
130 01.630E
77 2.5 23 4:36 9.2