航路情報

九州

種子島 西表港→屋久島 宮之浦港 
30 44.6000N 130 59.0000E→30 26.0500N 130 34.7100E         

艇を留める位置の詳細はGoogle Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 種子島 西之表港→屋久島 宮之浦港  

泊地情報:
西表港        
宮之浦港

06年9月ついにヨットで屋久島にやって来ました

06年9月 屋久島で山に登る。神秘の白谷雲水峡、自然と一体となる。

06年9月 再度、屋久島で山に登る。屋久杉ランドにて霧と時折の雨の中、約3時間歩く。

06年9月 あまりの素晴らしさに再度、白谷雲水峡を訪ねる

鹿児島県 鹿児島県 種子島 西之表港→屋久島 宮之浦港  航路情報2006.9.26
28マイル。 

種子島 西之表から屋久島宮之浦へは潮がきついという話を聞いたが私の場合は殆ど感じなかった。
最初の3分の一ほどは連れ潮が1ノットぐらいあった。
あと1ノットぐらいの逆潮がある程度で屋久島が近くなると叉連れ潮が出たりする。
潮というのは一般論は無く、その日その時間で違うのではないかと思う。
入港最大注意:港湾案内にある漁港入口は塞がれ岸壁になってしまっている。
一番左の岸すれすれにある小さな入口が宮之浦漁港の入口。誰も教えてくれなかったのでかなり港の中をぐるぐる回る。
2年ぐらい前にいままでの入口を塞いだらしい。
陸に接するようにある小さな漁港入口を入ると新しい船溜まりがある。船はいない。
次の奥が遊漁船船溜まり。船の間は所々空いている。少し進むとポンツーンがある。
ポンツーンの先は漁船の船たまり。空いていない。

泊地:ポンツーンがあるので手前の岸壁の漁船や遊漁船の間、空いているところに槍付け。
私の場合、ポンツーンの左側に先ずつけた。
管理者のような人が来て、連絡と水の補給が終わったら一番手前の新しい岸壁に移動してくれと言われる。
もやい等を整理しているうちに漁船が来て、ポンツーン右側につける。
本来はこの漁船みゆきまるが左側につけている。右側なら使って良いといわれる。
みゆきまるさえよければ管理者はなにも言ってこない。ポンツーンを利用する場合はみゆきまるに相談する。

ウエイポイント、航路、トラック

直線は設定航路、曲線(ブルー線)は実際の航跡です。

YMIYANOURA(種子島西表→屋久島宮之浦港) 28nm
SPEED:5kt FUEL:2L/h
WAYPOINT LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
NISHIO(西之表港防波堤北灯台) 30 44.6000N
130 59.0000E
YMIYAN(屋久島宮之浦港) 30 26.0500N
130 34.7100E
234 28 28 5:35 11.1