泊地情報

九州

鹿児島県 屋久島 宮之浦港 
Miyanoura Port in Yaku-shima island
30 26.0500N 130 34.7100E   

艇を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大             
Google Map  種子島 西之表港→屋久島 宮之浦港06
Google Map 口之島 西之浜漁港→屋久島 宮之浦漁港07
Google Map  屋久島 宮之浦港→屋久島 一湊港 06
Google Map  屋久島 宮之浦港→硫黄鳥 硫黄島港 07

航路情報
種子島→宮之浦06   
口之島 西之浜漁港→屋久島宮之浦07
屋久島 宮之浦港→屋久島 一湊港06
屋久島 宮之浦港→硫黄鳥 硫黄島港07

07年6月 10時間かけて縄文杉に会いに行ってきました。

06年9月ついにヨットで屋久島にやって来ました

06年9月 屋久島で山に登る。神秘の白谷雲水峡、自然と一体となる。

06年9月 再度、屋久島で山に登る。屋久杉ランドにて霧と時折の雨の中、約3時間歩く。

06年9月 あまりの素晴らしさに再度、白谷雲水峡を訪ねる

九州鹿児島県 屋久島 宮之浦港  2006.9.26

ヨットで屋久島を訪れる。ヨットマンの至上の喜びではないでしょうか。
素晴らしいところです。是非訪れてみてください。

入港最大注意:港湾案内にある漁港入口は塞がれ岸壁になってしまっている。
一番左の岸すれすれにある小さな入口が宮之浦漁港の入口。

泊地:湾は広いが奥の漁港に着ける。ポンツーンがあるので手前の岸壁の漁船や遊漁船の間、
空いているところに槍付け。
私の場合、ポンツーンの左側に先ずつけた。管理者のような人が来て、
連絡と水の補給が終わったら一番手前の新しい岸壁に移動してくれと言われる。
もやい等を整理しているうちに漁船が来て、ポンツーン右側につける。
本来はこの漁船みゆきまるが左側につけている。右側なら使って良いといわれる。
みゆきまるさえよければ管理者はなにも言ってこない。ポンツーンを利用する場合はみゆきまるに相談する。

宮之浦は生活、買出しに実に便利。
買物とコインランドリー:3分ぐらいにある。総合大型店ヤクデン。
トイレ:直ぐ側の公園。ただし、夜は閉まる。徒歩10分の川沿いにあるトイレは24時間。洋式。
風呂:3分ぐらいにある一番近いホテル。ただし1575円。歩いて20分ぐらいにある田代別館。500円。
いい風呂。田代別館の前にバスがとまる。
水:直ぐ側の漁協の水がok
外食:多数あり。昼だけやっているかぼちゃ家が美味しい。非常に込んでいる。夜しかやっていない店が多い。
    恵比寿大黒としが旨くてリーズナブル。

観光その他、移動のバス便は宮之浦を中心に作られている。いろんな面で便利さは宮之浦がベスト。

#屋久島は素晴らしいところです。港に寄るだけでなく是非、山に入ってください。
宮之浦からは40分と近い、白谷雲水峡だけでも行って見てください。
屋久島でしか味わえない不思議な素晴らしい体験を味わえます。

泊地情報、航路情報一覧に戻る

Miyanoura Port in Yaku-shima island
Sep 26, 2006
Google Map Nishino-omote Port in Tanega-shima island→Miyanoura Port in Yaku-shima island
Google Map Miyanoura Port in Yaku-shima islandIsso Port in Yaku-shima island
Google Map Miyanoura Port in Yaku-shima island→Iojima Island
Google Map Nishinohama Port in Kutinoshima Island→Miyanoura Port in Yaku-shima island

Nothing will give yachtie more pleasure than to visit Yaku-shima island with own sailing boat.
Here is the wonderful place to visit.
Not only visit the port, but also visit the mountain side.
Visit even only Shiratani Unsui Ravine forty minutes away from Miyanoura.
You must enjoy mystical and wonderful sense which can be experienced only at Yaku-shima.


Approach: A small entrance which is leftmost close to the shore is the entrance of Miyanoura fishing port.

Berth: Moor bow-to at an empty space of the fishing port in the back of the wide open port.
As there is a pontoon, it is between this side of the quay and fishing boats.


In my case, I moored the boat at the left side of the pontoon first.
A controller-like came to me and said that, after communications and supplying water,
move to this nearest side of the new quay.
Then, when I was pulling the docking lines together,
a fishing boat came into and moored at the right side of the pontoon.
The captain of the boat “Miyuki-maru” said that, as the left side was for his boat,
the right side was OK for me.
As far as the captain says yes, the controller-like would say nothing.
When you moor at the pontoon, talk to Miyuki-maru.

Miyanoura is convenient for shopping and living.
Shopping and Coin laundry: A big shop “Yakuden” is three minutes away.

Toilet in the park at hand is closed at night.
Another 24-hour-open toilet with western styles is along the 10-minute-walk-awy river.

A bathhouse is available for JPY 1575 at the nearest hotel three minutes away.
Another is very good for JPY500 at Tashiro Annex twenty minutes walk away, which also has a bus stop.

Water is available at Fisheries Cooperative office at hand.

There are many restaurants. “Kabocha-ya” which is open only daytime and crowded with local people is good. Many restaurants are open only at night. “Ebisu-Daikoku Toshi” is also good with reasonable prices.

Miyanoura is centrally-located of the bus services for sightseeing and others.
In all aspects of living, it is the best place in the island.

Additional Information for English Version
In the bottom of Yakushima Tourism Association’s page below, you find English sightseeing maps and information:http://www1.ocn.ne.jp/~yakukan/download.htm

Return to Cover Page

舫い状況


赤矢印が泊地