航路情報

九州

名護屋漁港→長崎県 平戸島 平戸港
33 32.000N 129 52.800E33 22.310N 129 33.520E

艇を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 名護屋漁港→平戸港 2017.7.29

泊地情報:
平戸港                         
名護屋漁港    
 
10年ぶりに平戸を訪れる 2017.7.19                                  
平戸をヨットで訪れる2007

名護屋漁港→平戸島 平戸港     
22.2マイル

航路情報:2017.7.29
平戸港に入る手前に平戸瀬戸がある。
2017.7.29の平戸瀬戸の転流は14:27。(瀬戸内海・九州・南西諸島 沿岸潮汐表に出ている)
22マイルほどなので、4時間とみて10時半ごろ出港となる。

転流までは北東流、逆潮。そこで少し早く、10時出港と予定する。

メインを揚げ、名護屋港の燈台を9:30分通過。
早く出て、ゆっくりセイリングで行こうと思う。

この航路は本船が九州を巡る際の基本航路だ。
大きな本船が行き来する。

向こうから5艇。
同じ方向に3艇本船通過。
こちらとは離れている。

1度だけ真横に横切る本船があり、よける。
しかし、本船はそこでアンカーを落とし、止まってしまった。

不思議なのは、逆潮のはずが、0.5〜1ノット程度、連れ潮なのだ。

これは平戸が近くなる地点まで続く。

平戸近くでは逆潮。
平戸に入る手前に広瀬という岩がある。
この近辺まで行くと波だって一面の渦。
かなりの緊張を要す。

広い範囲に何箇所が渦を巻いている。
それほど強力ではないが船も持っていかれる。
広瀬を13時20分に通過。
つまり、転流より1時間前に平戸瀬戸を越えたことになる。

やはり、転流時に近い時間に通過すべきと思った。

この急流の中、本船が目の前を通過するので神経を使う。

向こうから来る船が多い。
それも広瀬の右側を通るのも左を通る船もあった。

無事平戸瀬戸を越えて平戸港へ。

着ける予定のポンツーンが船でいっぱい。
そうだ、今日は土曜なのだ。

しかたなく、着けられる所を探す。
女神象の前にスターンアンカー、槍着け。14時完了。

観光案内所に届けに行く。
今のところ昔着けたポンツーンはいっぱい。
奥のポンツーンにも着けられます。
とのこと。
奥の古い浮き桟橋にレジャーボートを着けられる様になったとのこと。

又、アンカーを揚げて、ポンツーンに移動。
諸々を整理し終わり、16:14

ウエイポイント、航路、トラック

赤直線は設定航路、曲線(ブルー線)は実際の航跡です。
ブルー線トラックは女神前に槍着けするまでです。

NAGOHIRA(名護屋漁港→平戸) 22.2nm
FUEL:2L/h
LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
NAGOGY(名護屋漁港) 33 32.000N
129 52.800E
NAGOG1(名護屋漁港1) 33 32.300N
129 52.700E
351 0.3 0.3 0:03 0.2
NAGO(名護屋) 33 32.600N
129 52.100E
308 0.6 0.9 0:10 0.5
NAGO1(名護屋1) 33 34.600N
129 51.100E
344 2.2 3.1 0:36 1.8
HIRADO(平戸港) 33 22.310N
129 33.520E
237 19.1 22.2 4:26 13.3