泊地情報

瀬戸内海

直島宮之浦港(ヨット係留桟橋)
Miyanoura Port at Nao-shima Island
34 27.450N 133 58.400E
(ヨット係留桟橋)

艇を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大
google map 白石島→直島宮之浦2014.10.2
google map 直島宮之浦→牛窓旧港2014.10.3
google map 直島宮之浦→白石島2014.6.5
google map 草壁(内海)港→直島宮之浦港2014.6.2

航路情報
草壁(内海)港→直島宮之浦港2014.6.2   
直島宮之浦→白石島新港2014.6.5
白石島新港→直島宮之浦2014.10.2 
直島宮之浦→牛窓旧港2014.10.3                    


犬島で三分一 博志の精錬所美術館を見る2016.8.10
初めて直島にやってきました
2014.6.2
直島再訪2014.10.2
高松からフェリーで直島に行って安藤忠雄の建築と現代美術を楽しむ2007.10.8

直島宮之浦港
2016.8.10
特に変化なし。
桟橋の張り紙に当日受付の文言が無くなって、3日前届け出とあるのみ。
前日に予約下が問題なし。受付はフェリー乗り場、観光案内所で。
3日前だと建設課受付で書類等、面倒ではないかと思われる。

2014.10.2
直島宮之浦港へのアプローチ:
南からアプローチするとくの字一文字が港を囲っている。
北の端に赤燈台。灯台を過ぎて東を見ると目的の直島宮之浦桟橋が東に見える。
34 27.450N 133 58.400Eが桟橋だ。
陸に向かって桟橋の右側に着けることができる

泊地情報:
2014.6.2
直島の公式の泊地は
1)宮之浦1号桟橋。
34 27.450N 133 58.400Eの桟橋だ
2)石場1号物揚場
両者ともネット上に紹介されている。
問合せ先は両者とも直島町建設経済課 087-892-2224 使用する日の3日前に連絡とある。
宮之浦1号桟橋は「短時間であれば係留可能」とある。
3日前にもうしこまないと係留できないのか。
短時間係留のみで、泊れないのか。
実際に船を桟橋に着けると、看板があり3日前とあるが、続いて当日の場合はフェリー乗り場前の、
観光窓口に申し込む様指示がある。
また、空いていれば泊ることも出来る。
10m以下で料金は1640円
2)石場1号物揚場
  実際に現場をみていない。
  船は着けられるが、相当不便なところで、係留場所として良く無いのでは。未確認。

直島でのヨット係留。
公式の係留地については上記の内容。
その他として、フェリー乗り場の裏の漁港、一番奥の岸壁が空いている。
私は最初そこに着けた。
静かで良い。ただし非常に狭い。
それと岸壁が低く、満潮には岸壁の上まで海水が来て、フェンダーが利かなくなり危険だ。
槍着けるにする必要がある。
私は漁港での3日目、夜に強風波浪注意報、かなり激し東の風と雨の予報。
東の強風は船が風を真横から受ける。
安全を見て船を東に立てた。
したがって長いロープを張り巡らした。
と、夕方になって町役場の人が来て、有料桟橋に移動する様強くいわれ、移動した。

友人ヨットマンからもう一か所、本村(ほんむら)港の高速船桟橋の陸側が留められる。
役場は黙認している。問合せればダメと言われる。
宮之浦の漁港も黙認しているとの情報あり。
私が役場から注意を受けたのはロープを張り巡らし、
漁師から役場にクレームが行った可能性もある。あくまで推測だが。

トイレ:フェリー乗り場横。清潔、24時間オープン
コインランドリー:無い。
食品類買物:15分ぐらいにA-COOP
燃料:未確認
食事:数軒あり。
風呂:5分。一見の価値ある風呂。是非行ってみてください。
水:有料桟橋なのに水が無い。電気も勿論無い。
  水を貰えるところは宮之浦には無い。
  私は見周りのおじさんの好意でトイレ用具入れ室のカギを空けてもらって、補給。

  トイレ内の蛇口は手かざし式なので水は取れない


泊地情報、航路情報一覧に戻る

 指定桟橋舫い状況【Berth  赤矢印が泊地【Berth
 漁港舫い状況  本村港桟橋陸側係留
   

Miyanoura Port at Nao-shima Island

Google Map  Shiraishijima island→Miyanoura Port at Nao-shima Island 2014.10.2
Google Map  Miyanoura Port at Nao-shima IslandUshimado Old Port 2014.10.3
Google Map  Kusakabe PortMiyanoura Port at Nao-shima Island 2014.6.2
Google Map  Miyanoura Port at Nao-shima Island→Shiraishijima Island 2014.6.5

Approaching Miyanoura Port:
When you approach the port from the south, a bent one-line breakwater surrounds the port.
A red lighthouse is at the north end of the breakwater.
Passing by the lighthouse, you will find Miyanoura Pontoon ( 34 27.450N
 133 58.400E) at the port in the east.
You may moor at your right side toward the shore, i.e. at the south side, of the pontoon.

June 2, 2014
Construction and Economic Section of Naoshima Town manages Miyanoura Pontoon:
phone: 087-892-2224   mail: kensetsu1@town.naoshima.lg.jp

See their Japanese web site:
http://www.town.naoshima.lg.jp/itwinfo/i247/
Additional page of above site has photos of an aerial view and the berth.
http://www.town.naoshima.lg.jp/itwinfo/i247/file/zumenn.pdf

They require your reservation and fee payment three days before your mooring.
But, if you have no time, they require that you go to Town-Naoshima Tourism Association at the ferry station near the pontoon for your application on the day.
The fee is JPY 1,750 for a 12m long boat.

While they charge the fee, there is no water nor power at the pontoon.
There was no water tap available around Miyanoura.
As taps at the toilet are automatic, you can’t take water from them.
I asked a toilet cleaner to open the toilet machine room and took water there.

A clean and 24hr-open toilet is at the side of the ferry station.
No coin laundry.
A-COOP supermarket is 15 minutes away.
Fuel was not confirmed.
There are some restaurants.
I recommend you a worth-watching bathhouse 5 minutes away.
http://www.benesse-artsite.jp/en/naoshimasento/index.html
This bathhouse is part of art activities in Nao-shima. See below.

Additional Information for English Version
Nao-shima is known for Benesse Corporation's contemporary art activities
http://www.benesse-artsite.jp/en/naoshima/
English website of Town-Naoshima Tourism Association also shows activities
http://www.naoshima.net/en/sights_and_activities/benesse_art_site_naoshima/index.html

Return to Cover Page