泊地情報

佐賀県 唐津市 呼子港     
33 28.300N 129 58.500E →33 32.600N 129 5.4000E
艇を留める位置の詳細はGoogle Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map パールシーマリーナ→呼子港2017.8.3
Google Map 福岡市立ヨットハーバー→呼子港2017.7.27

航路情報:
福岡市立ヨットハーバー(小戸)→呼子港2017.7.27


台風避難、パールシーから呼子に移動2017.6.3
初めて呼子港にやってきました2017.7.27

九州 佐賀県 唐津市 呼子港
呼子港は天然の良港で、静穏、風呂あり、食材仕入れありで好泊地だ。
しかし、夜のイカ漁が主体なので、引き波は夜中は特に激しい。

2017.8.3
台風避難でパールシーから呼子港に移動。
当初、前回着けた釣具屋の前に留める。
当初、台風は呼子の真上を通る予報で、風は東。
釣り道具屋の前は東に向いて、船が風に立つので最適と判断。
2017.8.5
少しでも奥が静穏かと少し奥へ移動。
しかし、この岸壁は普段、漁船が使うらしく、
台風通過後は速やかに移動する必要あり。

台風避難は一番奥の鉄の大型船に抱かしてもらうのが、ベストかもしれない。
ただ、情報ではめったに動かないと聞いていたが、
私の居る時は毎日出ていた。
相談してみるのが良い。

2017.7.27

アプローチ:
呼子への東からのアプローチ:
右(北)に小さなとんがった小島がある
小島に近くなるころ赤燈台が二つ見える。
左の赤燈台と白燈台の間を入る。

呼子は初めての港。
どこに着けられるか、ネット上にも情報が無い。
いつもの様に、微速で港の一番奥まで行ってみる。

余裕を持って着けられる所は、港の奥には無い。
船だまりは船でいっぱい。

ガラガラに空いていた、入港して直ぐ、左(南)の港の奥、北東岸壁に槍着け。
うねりが入り、かなり船が揺れる。

泊地1:
11時50分、舫い完了。
この港は「呼子台場みなとプラザ」の裏になる。
1時間ほど、着けられる所を探していた。

泊地2:
揺れが激しいので、もう少し奥を探して、移動した。
旅館出雲の手前。
島屋釣具店の前。
ここは空いており、横着けもできる。

泊地3:
となりの名護屋漁港に移動するのも有りだ。

食材仕入れ:郵便局の前に大型スーパー。まなづる9。生活出来ます。となりに100円ショップあり。
水:朝市の休み所に蛇口あり。
トイレ:「呼子台場みなとプラザ」の前はウォシュレット。バス呼子停留所そばにもトイレあり。
燃料:バスセンターの先にある松田石油呼子SSはローリーで持って来てくれました。0955-82-3353
コインランドリー:歩いては行けない。呼子からバス2つ目、殿の浦、コンビに前(観光案内所の情報)
風呂:「呼子台場みなとプラザ」の隣りの大きな建物

入港すぐの係留状況  釣具屋前に移動後の係留状況
   
 台風対策で少し奥へ移動