航路情報

九州

福岡県 芦屋港灯台→呼子港
33 53.920N 130 38.940E→33 32.600N 129 5.4000E

泊地情報
呼子港
芦屋港

芦屋港から一期に呼子港へ 2018.7.24
初めて呼子港にやってきました 2017.7.27

遠賀芦屋港→呼子港
47.4マイル。 

航路情報:2018.7.24
Kasayanの情報を見ると台風となる可能性の低気圧が5つもある。
もう少し、具体的な針路がでるまで芦屋にいて、博多へ移動しようと思っていた。
博多の小戸で長期間台風避難となるのもマズイ。

所が、突然一挙に呼子に行く案が頭にのぼる。
この2、3日はなにしろ平穏なのだ。
すぐ気が変わるのが私で、即その線で行動開始。

私はメチャ詳細な航海データを作成する。
今回のコースは初めてなので、海図に進路とWAYPOINT作成。
GPSプロッター、ハンディプロッター、PCなどにデータ作成。
プリンターでプリントアウトと諸作業に忙しかった。

食事は航海の前日に作っておくのが私の流儀なので、
夕食後、造り始めたので終ったら、22時を過ぎていた。
なにしろ、色々作るからね。

芦屋港の水深が浅くなっているとの情報なので、
満潮時近くに出港を予定する。
気象庁の潮汐予想表を見ると、芦屋は無いが
博多は2018.7.24満潮7:07。芦屋も15分と違わないだろう。

アンカーを揚げ、いつもの様にメインも港内で上げる。
満潮時なので全く、水深は考慮しなくて良いだろうが、水深計を見ながら進む。
港内はだいたい、水深3~4m。時に2m代とかなり高低がある。

驚いたことに、満潮時なのに、港入り口付近で2mを切った所があった。
これではヨットは入れない。
芦屋港に入るヨットは満潮時近くを狙い、特に入り口付近に注意。

6時20分港内白灯台を通過。

出港時は無風、波無し。
倉良瀬戸に向かう。風はヨット向かい風の法則どおり、昨日までの追っての風が今日は真上り。
倉良瀬戸付近はいつもの様に波が悪く、潮がきつい。
本船2隻が目の前を倉良瀬戸に向かい通過していった。
ここまでズット1ノットぐらいの逆潮。

今回の航路は宗像大島の外側を回る。倉良瀬戸を左に見ながら進む。
呼子へ進める位置まで進み、転針。
この後も1ノット程度逆潮。
2時間ほど走ってからようやっと逆潮なくなる。5ノットを維持できた。

以後33マイルただただ、呼子に向かって進むことになる。
そこで、退屈しのぎ、久しぶりにヒコーキを引っ張り出す。
この何年間か魚が全く掛からない様になって、ヒコーキを流したことは無い。
昔は刺身が食べたい時、3時間ぐらい流すと大体、シイラがつれたんだけどね。
掛からなくて元々、左舷に、サンタマリアさんが作ってくれたのを、
右舷に前田さんがくれた、重りだけのを流す。

3時間ぐらいしてだか、掛ったんですよ、左右とも。シイラ。
シイラとしては、ややこぶり。
でも、2匹はとても食べきれない量だ。

シイラは大きいのはものすごい力で暴れる。カナズチで頭を叩いてだまらす。
今回はそんなに大きく無いので、静か。
しかし、シイラの場合コックピットは血だらけ。

即、三枚に下し、冷蔵庫へ。その他は海へ。刺身用は皮を剥いでおいた。

呼子に向かうコースもメインがバタバタ言うのぼりだったが、北よりに風が変わる。
クローズホール。ジェノア。
エンジンを減速。静かになる。
少しづつ、風が強くなる。
これならいける。エンジン停止、ジェノア。5ノット維持。

帆走を楽しむ。
水平線と空の景色がきれい。

3時間程走ると時々、4ノット代、時々3ノット代にもなる。
エンジンを一旦停止すると、又掛けたくなくなるんだよね。
でも、なにしろ10時間という長丁場。5ノット代は保ちたくて、エンジン始動。

呼子港にアプローチする時はかなり潮がきつい。
港に入ってもかなりの潮で船が影響を受ける。
左の呼子港内に入ると風も潮もなくなり、嘘の様に静かな海況となる。
セイルダウン。

昨年と同じく、島屋釣具店の前を目指す。
漁船が2席、横付けしていて、場所が無い。
アンカーを打ち、左の船のすぐ後ろに槍着け。
舫いにやや時間を取られ、舫い完了16時。

しばらくして漁船が港の定位置?へ移動していったので、
槍着けの位置をワッカ2つ程、ずらす。多分去年と全く同じ位置だと思う。

2017.7.27
特に注意点は無し。
私の行った:2017.7.27は霧が深かった。
それに海況は波も風も予報どおり穏やかなのに、
予報に無い、かなりのうねりがあった。
潮のせいか。

呼子への東からのアプローチ:
右(北)に小さなとんがった小島がある
小島に近くなるころ赤燈台が二つ見える。
左の赤燈台と白燈台の間を入る。

呼子は初めての港。
どこに着けられるか、ネット上にも情報が無い。
いつもの様に、微速で港の一番奥まで行ってみる。

余裕を持って着けられる所は、港の奥には無い。
船だまりは船でいっぱい。

ガラガラに空いていた、入港して直ぐ、左(南)の港の奥、北東岸壁に槍着け。
うねりが入り、かなり船が揺れる。

11時50分、舫い完了。
この港は「呼子台場みなとプラザ」の裏になる。
1時間ほど、着けられる所を探していた。

揺れが激しいので、もう少し奥を探して、移動した。
旅館出雲の手前。
島屋釣具店の前。
ここは空いており、横着けもできる。

ウエイポイント、航路、トラック
直線は設定航路、曲線(ブルー線)は実際の航跡です

ASHIYOB(遠賀芦屋→呼子) 47.4nm
FUEL:2L/h
LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
ASHIYT(遠賀芦屋港灯台) 33 53.920N
130 38.940E
MUOP(宗像大島沖) 33 56.200N
130 25.200E
288 11.6 11.6 2:19 7
KARAT3(唐津3) 33 33.900N
129 55.900E
234 33 44.7 8:55 26.7
YOBU1(呼子1) 33 32.900N
129 53.300E
252 2.4 47 9:24 28.2
YOBU(呼子) 33 32.600N
129 5.400E
171 0.3 47.4 9:28 28.4