航路情報

九州

田野浦→遠賀芦屋港灯台
33 57.800N 130 59.400EE33 53.920N 130 38.940E

艇を留める位置の詳細はGoogle Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 田野浦→遠賀芦屋 2017.7.21 
Google Map 福岡市立ヨットハーバー→遠賀芦屋港燈台
                          
泊地情報
田野浦
遠賀芦屋港
福岡市立ヨットハーバー

また、この愛すべき土地、遠賀芦屋にやってきました 2017.7.21
歴史に満ち、静かで個性的な遠賀芦屋を再訪014.9.12
遠賀芦屋にやってきました07

田野浦→遠賀芦屋

航路情報:2017.7.21
逆のコースは過去に通ったが、東から遠賀芦屋に入るのは初めて。
田野浦からは関門海峡入り口まで1.3マイルと近く、転流に合わせやすい。

2017.7.21の関門海峡転流時は9:04。転流までは連れ潮。転流後は逆潮。
一番潮のきついV字底部まで田野浦港から5マイル。
スタートは1時間前、8:04。
これが普通の設定。

連れ潮なので、今回は少し早めに関門海峡を通過してみようと決める。
メインは揚げたかったが、関門海峡なので、止められる可能性もあり、セイルは揚げずにスタート。
少し早くスタートしすぎたので、2〜3ノットで関門海峡入り口に近づく。
毎年買う「瀬戸内海・九州・南西諸島 沿岸潮汐表」に出ている関門海峡転流時は、
関門海峡東の端、早鞆瀬戸、関門橋の下だ。
この転流時9:04。それを7時45分に通過。1時間19分も早く通過してしまった。
かなりの渦。渦潮一面。艇速8ノット代。
今回の通過で8ノット代は此処だけ。
通過しながら和布刈神社参拝。

以後、ずっと連れ潮で7ノット代ないし6ノット代。
一番潮がきついと思われるV字の底は8時25分〜8時45分ぐらいで通過。6ノット代が多かった。

早鞆瀬戸転流の9:04は関門海峡を抜ける2マイルほど手前。
0.5ノット程度の連れ潮であった。

関門を抜ける1マイル前ぐらいで連れ潮は無くなり1ノット弱の逆潮となる。

以上から連れ潮で関門海峡に入る時は早鞆瀬戸転流時の30分前には通過で良いのでは無いかと思った。


アプローチ:
33 53.920N 130 38.940Eの灯台を左に見て防波堤の裏側に入る。
以前は上空に電線があったので、東側にある川の方から入れなかった。
現在は海中電線になったので通過可能と漁師さんが言っていた。
川の方は浅瀬も多いそうなので、白燈台を左に見て入港し、
出港も同じコースを通るのが望ましい。

防波堤に沿って進むと先ず、船が1艘も居ない大きな港を右(南)に見るが更に進み、
右(南)手の灯台を右に入ると漁港がある。
漁港内は正面(南)に漁船でうまっている荷揚げ場がある。
右(西)手は船が1艇もいない。
北側は漁船が係留しているが空いている場所もあり着けられる。

泊地:最初に右手に見える港は船が無く着けることは問題がない。
    更に進んだ右手の船溜まりの方が静かなので空いているところに一旦着け、
    漁協に許可を貰いに行く。
    夜船が帰ってくる場合は別の場所を指示される。ヨットには好意的で係留することに問題は無い。

ウエイポイント、航路、トラック
直線は設定航路、曲線(ブルー線)は実際の航跡です

反ASHITANOURA(田野浦港→遠賀芦屋港) 23.6nm
FUEL:2L/h
LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
TANOUR(田野浦港) 33 57.800N
130 59.400E
KANMO6(関門海峡6) 33 57.800N
130 57.780E
277 1.3 1.3 0:16 0.8
KANMO5(関門海峡5) 33 56.400N
130 56.640E
221 1.7 3 0:36 1.8
KANMO4(関門海峡4) 33 54.500N
130 55.800E
207 2 5.1 1:00 3
KANMO3(関門海峡3) 33 53.800N
130 54.400E
246 1.4 6.4 1:16 3.8
KANMO2(関門海峡2) 33 54.100N
130 53.600E
301 0.7 7.1 1:25 4.3
KANMO1(関門海峡1) 33 57.600N
130 50.100E
327 4.5 11.7 2:20 7
ASHIY2(遠賀足屋港2) 33 57.600N
130 41.800E
277 6.9 18.6 3:42 11.1
ASHIY1(遠賀足屋港1) 33 56.000N
130 38.800E
244 3 21.5 4:18 12.9
ASHIYT(遠賀足屋港灯台) 33 53.920N
130 38.940E
184 2.1 23.6 4:43 14.1