泊地情報

紀伊半島

串本港
を留める位置の詳細は下記Google Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 白浜綱不知岸壁→串本港反対側岸壁2017.11.2
Google Map フィッシャリーナ那智→串本港反対側岸壁2017
Google Map  串本→南紀白浜岸壁2017
Google Map 周参見→串本2016.9.25
Google Map 串本港→白浜綱不知2016
Google Map 太地港→串本港2016    
Google Map 太地港→串本港06    
Google Map 周参見→串本07    
Google Map 串本→周参見
Google Map 串本港→紀伊大島、大島漁港2016
Google Map 紀伊大島、大島漁港→串本港2016

航路情報:
白浜綱不知岸壁→串本 2017.11.2
那智フィッシャリーナ→串本2017
串本→南紀白浜綱不知
太地→串本港
周参見→串本
串本→周参見
串本→紀伊大島、大島漁港2016
紀伊大島、大島漁港→串本

フィッシャリーナ那智から真っ直ぐ串本にやってきました2017
9年ぶりに周参見から串本港に入りました。2016
9年ぶりに串本訪問2016.6.17
潮岬がこんなに静かな時があるんだ07
ヨットで本州最南端、串本港を訪ねる06
串本、無量寺にて円山応挙と若冲を見る06

串本泊地情報
2017.11.2
海上保安庁側に着けるのが通常になった様だ。
海上保安庁側の新しい西岸壁はズットあいている。水深もある。
ただ、北東の強風を考慮し、海上保安庁船の前の方がベター。
以前着けていた囲いのある港は、北側も船でいっぱい。西側も外部の?船でいっぱい。
2017.6.11
今年は桟橋北側岸壁は船でいっぱい。
初めて反対側、海上保安庁の船が着く岸壁にもやいました。
また、こちらの港の西側岸壁が新しく整備されました。
岸壁は桟橋より低い。ビットも近い。小型船用か。
いまのところ、新しく広い岸壁に1艇留まっているだけでした。

2016.9.25
北側岸壁に今回も着けられました。
ただし、空きは2艇分ほどしかありませんでした。。
9月末はこの様に船が増えるのかもしれません。
反対側、海上保安庁の船が留まる側は船は無く、空いていました。

2016.6.17
今回も北岸壁に横着けしました。

食材仕入れその他。
港南側とJR串本駅の両方に店舗がある。
港南側にA-COOPの大型店と裏にホームセンターコメリ
串本駅そばに大型スーパーオオクワとオオクワのホームセンター、100円ショップあり。
風呂:サンゴの湯(温泉)が新しくきれいになりました。410円。バスで行くとバス代200円。
    ビジネスホテルの風呂(温泉)は600円。
水:トイメンのブルーの建物、漁協荷上げ場の外、こちら側に蛇口。
トイレ:目の前、スタンドの隣(和式)。A-COOP(大型トイレ洋式)。ホームセンターコメリ(ウォシュレット)
燃料:目の前、コスモのスタンド
コインランドリー:2箇所。ビジネスホテルの直ぐそば、ローソン裏。ソフター自動投入。
               串本駅のチョット手前。ソフター無し

2007.10.22:
下の写真。今回は北側につけました。空いていました。

串本泊地情報2006.6.7:
KAZIその他に紹介さてている係留場所は市場のある囲いの北側、ホテルシーカンスの前あたりである。
きらきら丸の説明では市場の方、ガソリンスタンドCOSMOの前とある。
囲われている分、やはり海は静かだろうとCOSMOの前につける。岸壁は高い。北側の方が低い。
滞在してわかったが東側はケッジアンカー無しに係留すべきではない。
串本では北東はかなり激しく吹く。空いていれば北側が良い。漁船はみなそちらに着ける。
串本を立つときには1艇モーターボートを含め埋まっていたが、それ前は3艇は十分着けられるほどの空きがあった。
漁師さんらしき人の話では空いていれば全く着けるのは問題なし。

2016北側岸壁横着け 北側岸壁、海上保安庁側にも着けられる
   
06西岸壁 舫い状況、後ろがコスモスタンド  串本大橋下
   
2017年新しく整備された西岸壁0  
   

泊地情報、航路情報一覧に戻る