瀬戸内海

牛窓県営桟橋(一文字燈台)→相生漁港
34 36.840N 134 09.800E
→34 47.850N 134 28.140E

艇を留める位置の詳細はGoogle Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 牛窓旧港相生漁港 2017.8.26
Google Map 相生漁港牛窓旧港
Google Map 相生漁港レジーアマリーナ
Google Map レジーアマリーナ→牛窓旧港


泊地情報:
牛窓旧港
レジーアマリーナ              
相生漁港


牛窓旧港→相生漁港 20マイル

航路情報:
2017.8.26
牛窓から相生までは瀬戸内海でのヨット帆走に実に適した航路。
島々と本州リアス式海岸の緑の低い山並みに右も左も囲まれた中を進む。
いかにも瀬戸内海での帆走のイメージそのまま。
安心してセイルを広げられる。

本船無し、漁船無し、観光船無し、フェリー無し。
牛窓瀬戸の急流付近に数人の小型の船が何艇か浮かんでいるのみ。

今日は海面にシワが出来る程度の穏やかな水面。
ジブはゼノア、クローズホールドで船は水を分けながら静かに水面を走る。
1時間程、この快感が続く。

しかし、「ヨット、真登りの法則」は強固。
チョット、ジブがシバーし始める。と風は変わり、真登りとなる。
今日の予報は西の風。真登りは北東の風。どうなっているのだ。
結局この状態が相生まで続く結果となった。

ただ一箇所、日生から小豆島への連絡船フェリーが前を横断していった。

もう一箇所、鵜石鼻近く、LPガスの巨大船が西から近づき、目の前を横断して行った。針路を譲る。
また、この近辺には巨大船が3艇、中型船が錨を下ろして止まっていた。

牛窓港内でメインを揚げ、白燈台を6時40分に通過。
相生漁港に入り、スターンアンカー、槍着け。舫い10時40分完了。

ウエイポイント、航路、トラック
直線は設定航路、曲線(ブルー線)実際の航跡です。

反KAIUSHI(牛窓旧港→相生漁港) 20nm
FUEL3L/h
LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
USHIMT(牛窓一文字灯台) 34 36.840N
134 09.800E
USHIM4(牛窓4) 34 36.720N
134 10.100E
128 0.3 0.3 0:03 0.2
REJIP4(レジーナ沖4) 34 43.600N
134 26.000E
70 14.8 15.1 3:00 9
AIOIP1(相生沖1) 34 45.200N
134 28.000E
53 2.3 17.3 3:28 10
AIOIGY(相生漁港) 34 47.850N 134 28.140E 10 2.7 20 3:59 11.9